「アンラッキーガール!」第2話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 去る10月10日の夕刻、盟友S氏とSARD UNDAERGROUNDのライブツアー「CHEERS!」大阪公演に参戦して参りました(*^^*)。

 舞台はZepp 大阪。昨年の堂島リバーサイド公演より(今回はこの日だけでしたが)かなりキャパはアップ。客層も昨年はほぼワタクシのようなアラフォーのオッサンばかりでしたが、女性と何故か年金受給者のファンが激増していて(笑)、これからの彼女達の勢いを予感させてくれました。

 ギターの赤坂さんの脱退でどうなることかという心配はあったんですが、今まで後ろで収まりが悪かったキーボードの坂本さんが前に出てこれたので、変則的スリーピースバンドとしては中々かなと。

 そしてS氏も感心していましたが、前回はかなり堅かった、神野友亜さんのボーカルも実に伸びやかになっていて。オリジナルとZARDカバーがほぼ半々という構成も絶妙でしたし、これからも彼女達を応援していきたい。そう思えたひと時でございました(*^^*)。

 それでは昨夜放送されたドラマ「アンラッキーガール!」第2話の感想をアップしたいと思います!

 まだまだ不運は続く。というかこれが平常運転。我らがまいんちゃんこと福原遥さん演じる福良幸が今回巻き込まれたのは、史上最悪の合コン。 

   メンバーの中にあろうことか実の父親の姿が、しかもそこで両親の離婚の事実を知ってしまうという(@_@;)。どんだけ~!!とまたまた突っ込みたくなる展開でございましたね(*´Д`)。

 まあそうは言いつつ、一人1万円は下らない高級ディナー(ワタクシはそんないいとこで合コンしたことなど、勿論ないです!)そもそも福原さん以下、今作の3人娘が登場して最悪な合コンになどなりようがない!! 

 ほとんどの男達は「この宴が永遠に続いてほしい!!時よ止まれ~」そう願うはずなんですが(苦笑)、そこはドラマですからね・・・。最後には幸はケーキまみれになるし、正に呪われた合コンでございましたね(>_<)。

 今回のメインは若月佑美さん。元乃木坂46らしいですが、中々いい演技をされてますよね~。元AKBの川栄李奈さんに匹敵する演技派だと思います。ただ惜しむらくは、あまりコメディには合ってないのかなという気もしておりまして(>_<)。

 是非今後、シングルマザーの貧困やネグレクトと云った現代の女性が直面する問題を真正面から描いた社会派作品にヒロインとして出演してほしい。きっと見応えのある作品になると思いますよ。

 今回も(ハエが出ていったことで)一連の合コンをハッピーエンドにしてしまったポジティブシンキングな幸でしたが、父親が高梨臨さんとまさかのコンタクト!!しっかりセオリー通り、視聴者の興味を次回へ繋いでくれました(*^^*)。

 そして何より第1話の銀行強盗事件、幸達は現金を猫ババしていないようでしたが、元々5,000万円が無かった。犯人に共犯者がいた、それともやっぱり幸達が5,000万円をどこかに隠した!?その辺の謎も今後大きな伏線になるのでしょうか?楽しみですね~。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20211015213050j:plain

 

「アンラッキーガール!」第1話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 昨夜の関東地方の大地震、皆様大変でしたね(>_<)。ワタクシの知人も帰宅途中で電車に閉じ込められ、その後解放されるも徒歩で帰宅。ようやく自宅に辿り着いたのは夜中の2時過ぎだったと・・・。ホントにツイてない夜だったとのことです。

 ただ津波が来なかったことと、震度7レベルの首都直下型地震ではなかった、何より死者が出なかった。そういう点を考えればツイていた面もあった訳でして。起きた出来事をどうとらえるか。そこがポイントなのではないかと感じました。

 それではそんな観点を多分に含んだ、我らがまいんちゃんこと福原遥さんの新ドラマ「アンラッキーガール!」第1話の感想をアップしたいと思います!

 まあ無難な滑り出しであった。そう感じました。

 「喫茶 漣」でひょんなことから知り合いになった三人の不運な女子。

 福原さんの他には高梨臨さん、若月佑美さんでしたが絶妙の掛け合いでホント三姉妹みたいだな。そう微笑ましく感じましたね(*^^*)。

 物語のテンポ感がもっとほしいな。そういう印象もありましたが、ワタクシ的にはバカリズムさんの緩いナレーションもツボにはまりまして。

 そして何と云っても三人の不運を即座に見抜いた、弁護士兼占い師の生瀬勝久さん。前回夏の「漂着者」でも主要キャストでしたから、このブログではずっと出ずっぱり状態(笑)。しかし前回のシリアス路線よりは、やっぱり今回のとぼけたオジサンの方が生瀬さんらしくていいな~と思いますね。

 福原さん演じる福良幸。こんなに幸運そうな漢字ばかりなのに超絶不運って(笑)。今回もゴミ捨て場にダイブしたり、引ったくりと格闘して泥まみれになるなど本当にツイてない。でも彼女には悲壮感は全然漂ってはいませんでした(*´Д`)。

 これがきっとこのドラマの重要なポイントになる。彼女自身も劇中で語ってましたが、不運=不幸ではないと。

 そしていつか不運をペットのように飼いならして見せる。幸はずっとこの考え方を大切にしてきました。だからいつも表情は柔らかいし、原色映えまくりの今までの福原さんの中では一番ポップなファッションも斬新でございました(*^^*)。

 そして最後にはミステリー要素もあって。ラストで銀行強盗を三人でノックアウトして1億円を発見し、それをどうしたのか我々には分からないまま、翌日幸が警察の訪問を受ける・・・。しっかりと次回への伏線も張ってくれましたね。来週も楽しみです!

 それでは今夜はこの辺で。皆様に、幸運と良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20211008213556j:plain

 

 

2021年夏ドラマ総括

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 とうとうこの日がやってきてしまいました( ;∀;)。そうです、以前にこのブログでもお伝えした「アタック25」が本日の一時間スペシャルで、遂に46年の歴史に幕を下ろすことに・・・。本当に淋しい限りでございます(>_<)。

 奇しくもワタクシが生まれた1975年に放送がスタート。初代司会者の児玉清さんの「アタックチャ~ンス」「パリ挑戦権、獲得!」など幾つもの名言は今でもお馴染みですよね。

 実はワタクシも予選会に参加したことがあるんですが、高校生クイズ同様、全く歯が立たず。本戦に比べて、本当に問題が難しいんですよね・・・。

 本当に無念ではありますが、決まったことは仕方がない。本日はしっかり史上最強のグランドチャンピオン誕生を、この目に焼き付けたいと思います。今まで本当に楽しませてもらいました、VIVA\(◎o◎)/!

 それでは昨日の「ボイス2」最終回で幕を閉じた、2021年夏ドラマの総括をアップしたいと思います!!

 

 

1.日曜劇場が年間グランドスラムに王手!!

 まずはこの話題から。

 1年の延期を経て、遂に開催された東京オリンピック。その熱気にも臆することなく(さすがに開催中の視聴率は1桁に転落してしまいましたが)果敢に攻めた日曜劇場「TOKYO MER~走る救命救急室~」が見事に平均視聴率首位を獲得!!

 今年の日曜劇場は「天国と地獄」「ドラゴン桜2」に続いての3連覇。もうこの勢いは、止まりそうにないですね・・・( ゚Д゚)。

 このドラマも迷いが無かった。ゴリゴリの半澤路線。そして放送中はもろに打撃を受けましたが、最終的にはオリンピック効果もありましたかね。何せ今年はTOKYOというキーワードが我々視聴者に結果的には、ポジティブに刻まれた夏でしたからね(*^^*)。

 主演の鈴木亮平さんは本当に多才な方で。今回の正義感溢れる喜多見幸太は勿論はまり役でしたが、ワタクシは彼の世界遺産検定1級の知識を活かした妄想エッセイ「行った気になる世界遺産」に目下劇ハマり中。

 素晴らしい妄想力と世界遺産愛をお持ちです(笑)。お忙しい中ですが、鈴木さんには是非世界遺産検定マイスター級に挑戦していただきたいですね~。

 少し話が逸れましたが、ポジティブなメッセージ、大掛かりなセットに豪華俳優陣で正に死角のない作り。そんな中でも驚きだったのがドラマ初挑戦の佐藤栞里さん。今までバラエティー番組でしかお見かけしなかったんですが、どうしてどうして。何故今までドラマのオファーが来なかったのか、ホントに謎です(笑)。

 残念ながら作中では唯一の死者になってしまいましたが、最後まで可憐で健気な妹役を熱演してくれました!!今後の女優業に期待したいですね(*^^*)。

 さて、次回秋ドラマは今年の初めから話題になっていた大作「日本沈没ー希望のひとー」がいよいよ放送開始。

 余程のしくじりがない限り、この作品での秋クール制覇は堅い。ワタクシはそう予想しておりますから、名門日曜劇場が、遂に悲願の年間グランドスラムを達成することになりそうで。今からワクワクしております。

 

2.夏の水10は健在!!「ハコヅメ~たたかう、交番女子~」

 今夏も日曜劇場が頭一つ抜けた印象でしたが、テレ朝木9も「緊急取調室4」で今年初めて平均視聴率2位に返り咲き。

 そしてそれに続く3位で久々の平均視聴率2桁を獲得、かなりの高評価も得たのが日テレ水10ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でございました。

 元々水10ドラマは夏クールに強い枠ですが、今回は会心の出来!ワタクシも毎週楽しみに観させていただきました。

 まずはありがちな空想刑事モノではなく、リアルな交番勤務を描いた原作(作者の方は本当に交番勤務されていたようですね)が良かったです。最近はやや迷走してましたが、水10と云えばやはりお仕事モノ。

 戸田恵梨香さんが刑事から交番勤務に至る事件も、最終回を観る限り地味なものであった。しかしお約束のサイコパスシリアルキラーや、警察上層部の黒幕みたいな展開の方が余程リアリティがない訳で(苦笑)。

 日々の地道な業務の積み重ねが平和な日本の礎になっている。そのことに対する感謝。このドラマはそれを思い出させてくれましたね(*^^*)。

 そしてこの「ハコヅメ」のもう一つ特筆すべきはキャスティングの妙。特にハコ長役のムロツヨシさんが良かったですね~。

 ムロさんはTBS金曜ドラマ「大恋愛」で戸田恵梨香さんと夫婦役、そして永野芽衣さんとは日テレ日曜ドラマ「親バカ青春白書」で親子役を演じていましたから、最初から主演2人との息はピッタリでございました。

 ストーリー的にもキャスティング的にもバッチリ。久々に「夏の水10」健在を示してくれた同枠には、これからまた頑張ってもらいたいですね(*^^*)。 

3.奇策ばかりの月9は・・・

 今回の平均視聴率2桁作品は4作品。

 東京オリンピックという強敵がありながらも、中々の豊作だった夏クールでございました。一応平均11%越えで4位に付けた我らが月9「ナイト・ドクター」ですが、やはり最近の小細工、奇策ありきの姿勢が目に付き過ぎ、個人的にはイマイチでございました(>_<)。

 まずオリンピックを避けるため、6月中旬からのフライングスタート。申告敬遠よろしくオリンピック開催中の2週は放送を休止していましたが、復帰後の視聴率が逆に1桁に沈んでしまうという・・・。何だか策に溺れた印象でしたね(>_<)。

 そして今回は久々にオリジナル脚本!!放送前からそう謡ってはいたんですが、個人的には今回はオリンピックもあるし、少し力を抜いて行こう。その姿勢が見え過ぎてしまいました。

 敢えて嫌な言い方をすれば、劣化版「コード・ブルー」を作って今期は凌ごうかと。主演の波瑠さんは大ブレイクは望まない。それより地味に息の長いキャリアを積み重ねたい。そう公言されている方ですしね。

 出演者も決してショボくはないんですが、それでもあの「コード・ブルー」メンバーからは確実に型落ちしていて。極めつけは何と云っても最終回。キンプリ岸優太さんによる右足切断シーンには、やっぱり最後はそれなのね・・・。山P?そう苦笑いせざるをえませんでした(@_@;)。

 次回は「ラジエーションハウス」続編でそれはそれで楽しみなんですが、火曜21時枠を月曜22時に移動させてドラマ月曜日を作ると。そういうの、ホントにもういらないんですけど!!もっとシンプルに(日曜劇場や水10を見習って)かつての月9らしい作品で勝負してほしいんですけどね・・・。

 まあいずれにせよ次回も観ます。何と云ってもワタクシ、今やフジテレビの株主ですから(笑)。何はともあれ春の「イチケイのカラス」で少し息を吹き返した月9の逆襲を、これからも期待しておきますね!!

 

4.その他の枠について

 それではその他の枠についても。視聴率ノルマに苦しむ月9と異なり、同じフジ系列の他の枠は今夏も、のびのびと良作を届けてくれましたね(*^^*)。

 まずは次回秋クールから月曜22時に移動する火曜関テレ枠。「かのきれ」こと「彼女は綺麗だった」。韓国ドラマ原作で、そのファン層からの評価は今一つでしたが、ワタクシ的には(大胆なキスシーン連発は驚きでしたが)正統派ラブストーリーで楽しめました。

 主演の小芝風花さん、今回も清純&前向きな元気印優等生キャラで、二年前の出世作トクサツガガガ」から全然キャラ変できていない。そういう批評もチラホラ聞こえてくるんですが、ワタクシ的には無理に演技の幅を広げなくてもいいのかと。何よりハマってますからね(*´Д`)。

 まあ例えるなら我らが阪神タイガースの絶対的守護神、スアレス投手みたいなもんですよ。ストレートとチェンジアップしか球種がなくても、抑えてくれればそれでいいんです(笑)。

 次に木曜劇場「推しの王子様」。主演予定だった深田恭子さんのまさかの降板で急遽比嘉愛未さんがピンチヒッターを務めましたが、比嘉さんの方が今回のベンチャー企業の社長役には合っていたかと思いますね。

 ラストまでがかなりもどかしかったですが、成熟した女性の淡いプラトニックラブと心の襞はしっかり描けていて。今年冬の良作「知ってるワイフ」制作陣とあって、分かる人には分かる。滋養たっぷりの野菜スープのような繊細なテイストで、仕事疲れの木曜にはピッタリの良作だったと思います(*^^*)。

 ただ我らが白石聖さんの役が、完全な(ちょっとめんどくさい)当て馬で残念でございました(>_<)。白石さんは二年前の「だから私は推しました」の栗本ハナ役以降、今一つ役柄に恵まれてない気がするので、事務所さんも単なる露出増よりも白石さんのキャリア重視で、戦略を練り直していただきたいですね~。

 最後は当ブログでは白石さんと並ぶ推しの双璧、まいんちゃんこと福原遥さん。今回はテレ朝木曜20時ドラマ「IP~サイバー捜査班」に出演、佐々木蔵之介さんとの訳アリ親子刑事を演じてくれました(*^^*)。

 ただ今回はちょっと役柄がおとなしかったというか、あんまり福原さんの良さが出ていなかった気が。そして次回作は深夜ながらも二年前の「チート」以来の読売木曜ナイトドラマ「アンラッキーガール!」の主演が決定!!

  これで「ウチの娘は彼氏ができない」「ゆるキャン△2」「IP~サイバー捜査班」に続いて福原さんは今年一年間ドラマに出ずっぱりが決定🎉正にファンには堪らない展開でございます( ;∀;)。

 「アンラッキーガール!」は当ブログでも感想をアップしていく予定ですので、ご期待くださいね(*^_^*)。

 それでは今朝はこの辺で。皆様、今日のお昼は皆でラスト「アタックチャ~ンス!」楽しみましょうね📚

f:id:TOSHIXXX:20210919143105j:plain

 

 

「漂着者」最終回を観て~総括

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 夏ドラマもいよいよ終盤戦。それでは早速昨夜放送された金曜ナイトドラマ「漂着者」最終回の感想と総括をアップしたいと思います!!

 

 

1.インパクトに欠けた最終回

 まあ、無難と云えば無難でしたね(笑)。さすがに秋元さんも「あなばん」みたいな大暴投はやらかしませんでしたが、いつものディティールは無視、取り合えず言及だけしとくね的な最後でした(>_<)。

 女児連続殺人事件の犯人はリリーフランキーさん(嘴屋の女将が共犯)でしたが、まあこのおおむね予測が付いてた上に、病室であんな自白する訳ないだろ。後でその自白を録音したレコーダーが出てきた時には、ああやっぱりね。ひっくり返った皆さんも多かったのではないでしょうか(苦笑)。

  工作員も実はもう一人いて、公安の警護の中に紛れ込んでいた。斎藤工さん演じるヘミングウェイは狙撃されてしまいましたが、ラストの鐘を鳴らすシーンではまさかの復活。

 生瀬さんの台詞がツボでした。「予言者って、やっぱ死なねえんだな」確かに初回で病院から飛び降りてもヘミングウェイは無事でしたからね~。

 さて、話題になっていた"ラスト30秒に注目せよ"、ですが皆さんはどこだったと思います?

 へみちゃんねるの消えた女子高生と菅沼総理代理が、「白い鐘を鳴らす家」の一員として登場したこと?ワタクシ的には何気にseson1終了。このメッセージだと思うんです。何、続編やるのって(笑)。

 確かに船越英一郎さんの死等の真相はまだ闇の中ですし、結局予言者って何なの?という所が深堀りできてないですもんね~。まあ日テレじゃないんでHulu独占配信!!的な展開はないのでそこだけは安心ですね(*^^*)。

2.やっぱり秋元康さんの言葉は刺さる!!

 まあ、最終回を初めとして全体に凡庸な作りだった感は否めませんでしたが、それでも流石は稀代の作詞家、秋元康さん。最終回、ヘミングウェイのメッセージにワタクシは号泣でございました。以下、ご紹介します。

 運命って そういうことだと思うんです。全てのことには理由がある

 今日とても辛いことや悲しいことが起こったら それはこれから嬉しいことや

 楽しいことが起こる準備なんです

 私は予知能力者なんて言われてますけど 未来を思い浮かべれば思い浮かべただけ

 今日どう生きたか それが問われていることに気付きました

 未来っていうのは今 現在からの一筆書きなんです

 今とても辛くて 苦しくて先が見えなくて 誰も助けてくれなくて

 そう思っていても もう少しだけ耐え抜いてください

 それぞれのあなたの運命を大切にしてください

 最後に 皆さんにも第六感はあります

 本当に苦しい時 困った時は 何となく考えてみてください

 何となくそんな気がする 何となくこっちの方がいい

 そんな「なんとなく」という直感が

 あなた自身を あなたの大切な人を守ります

 

 ・・・刺さりました。染みました。ワタクシ、特に帰阪してからのここ二年は本当に苦しい。毎日が苦行。20年以上も社会人やってるのに、何で未だにこんなやわなんだと自己嫌悪に陥ることばかりで。

 でも、(ここまで来たなら)ストレスで自殺することはなく生きていきたい。中高年引きこもりや生活保護者になることなく、何とか最後まで社会人として生きていきたい。貰うより与える方が多い人生を全うしたい。

 ありがとう、秋元康さん。色々言われますが、やはり貴方はワタクシの心の師匠でございます。何とか第六感を駆使して、これからも(地上波ドラマ鑑賞とこの裏ブログ運営も心の支えにして)頑張っていきます!!

3.女優 白石麻衣の可能性

 最後に今作で本格ドラマデビューの白石麻衣さんについて。

 確かに台詞の棒読みレベルがひどく、これについてはワタクシも突っ込まざるをえません。ただこれと云った強みが無いな。そう思ってしまう盟友、西野七瀬さんと比較すると白石さんの場合は長所と短所がはっきりしている、いわばまだまだ伸びしろのある凸凹女優さんだと感じました(*'▽')。

 白石さんの武器は勿論その美貌は言うに及ばずですが、表情の演技はかなりのものだと思うんです。今夏はいわゆる美人系女優(波瑠さん、中条あやみさん、福原遥さん、比嘉愛未さんetc.)が多数出ていたクールでしたが、白石さんの表情は決して彼女達にも劣っていなかったと言いますか。

 特に鳥肌が立ったのはヘミングウェイと結ばれた夜、最初に訪ねてきた彼を部屋に招き入れるシーン。今までどこかにまだ残っていた心の扉を、同時に開いた。彼を本当の意味で信じてみようと思った。それこそ、自身に備わった第六感で・・・。

 いい演技でした。惚れた男にだけ見せる、とっておきのオンナの表情、ですよね。

 ですので月並みな意見になりますが、もう少し舞台等で発声からやり直せば白石麻衣さん、本当に息の長い女優さんになれるのではないでしょうか(*^^*)。陰ながら、応援しております!!

 それでは今朝はこの辺で。皆様、良い休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20210925073916j:plain

 

「漂着者」第7話~第8話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨夜、福岡に上陸した台風14号。幸い、スーパー台風ではないのですが、このまま日本列島を横断するということで。注意しないといけませんね。

 現在は丁度この大阪も通過中ですが、雨は降り続いているものの風はそこまで強くなくて。このまま何事もないことを願っております。

 それでは先週は諸事情により記事をアップできなかった金曜ナイトドラマ「漂着者」、今回は(申し訳なかったですが)二週分まとめて感想をアップしたいと思います!

 第7話でトリガーが引かれ、それが第8話で一気に拡散。このドラマ、色んな事件を組み合わせることで(モザイク画のように)違う景色を見せている。そんな騙し絵的な要素があるかと思うんですが、この二週間でもエピソードの入れ替わりが激しかったかと思いますねm(__)m

 まず、もう収束した感があるのは第6話の宮部総理の圧死の真相。

 白石さんのお父さんも巻き込まれた疑獄事件の黒幕はまさかの総理で、上司の橋本キャップが殺意を持っていたというのも紛れもない事実であったと。因果は巡る。ある意味、最も恥ずかしい最期になってしまいましたね・・・合掌。

 残るファクターは、ヘミングウェイの謎と女児連続誘拐及び殺人事件。それに某国テロリストの潜入情報。

 これらは基本的に関係ありと思われる部分が無関係で、その逆もまたありだと。某国テロリストっぽい人物、最後に暗躍してましたが、姿格好が斎藤工さん演じるヘミングウェイに似ているだけで、全然関係者ではなさそうですよね~。

 一方のヘミングウェイ聖徳太子の予言?に基づく、選ばれし一族が幸福の島から日本列島に流れ着いたものであると。

 野間口さんは胸一面にありましたが、あの足首の謎めいたタトゥー。それが選ばれし預言者とその仲間達の証しであると。その最後のピースが14人の使徒=連続誘拐事件の被害に遭った子供達。

 子供達をあのバスに集める経緯が秋元さんらしく、強引極まりなかったですが(笑)、しあわせの鐘の面々にも自分なりのポリシーがある。そういうことなんでしょうね~。

 その一方で醜悪な予感大なのが、佐々木一課長の娘さんも巻き込まれた(無事救出されて良かったです!)連続女児殺人事件。

 和菓子屋「嘴屋」の息子が模倣犯で最低だと思っていたら、その母親がまさかのシリアルキラー。この親子のDNA、怖すぎです( ;∀;)。

 ラストで生瀬さんが刺されてしまいましたし、その母親とリリーフランキーさんにも濃厚な接点がありそう。

 最終回はこの2つのファクターが基本的には平行線のまま影響し合い、我々に驚愕の景色を見せてくれる。そんな予感がしています。最後まで目が離せませんね(*^^*)。

 それでは今朝はこの辺で。皆様、不要不急の外出は控えて、何とか台風をやり過ごしましょうね🌀

f:id:TOSHIXXX:20210918060104j:plain

 

「漂着者」第6話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 東京パラリンピックも明日で終了。このコロナ禍の状況下、何とか日本は世界との約束を守りましたね(*^^*)。関係者各位の皆様、本当にお疲れ様でございました。

 そんな中今月で菅総理は辞任を発表。世間では投げ出しだとか最低の政権だとか色々非難されていますが、ワタクシはこの国難の中でオリンピック問題・コロナと経済の両立等、それこそ身を削って頑張られたのではないか。そう感じております。

 元々昨年の就任時点でワンポイント登板だった気がしますし、最近は自分には何の能力もないのに、他人を攻撃することだけは一人前以上。そういう人が多過ぎる気がするんですよね・・・。

 今は成熟し、複雑化した社会ですから。誰か特定の個人が簡単に世の中をどうのこうのできる訳が無い。ワタクシ達も当事者。そのことを忘れてはいけない。

 せめて選挙には行ってから意見はしないとですね(ワタクシは国政・地方問わず、全ての選挙、皆勤でございます)。菅総理、またいつか時が経てば令和オジサンと懐かしがられる日もくるでしょうから、ひとまずお疲れ様でしたm(__)m

それでは昨夜放送された「漂着者」第6話の感想をアップしたいと思います!

   今回は大きなポイントが二つ。一つ目は現職総理大臣と斎藤工さん演じるヘミングウェイの異色の公開討論でございました。

 宮部総理、権力をカサに着て警察庁に圧力掛けるは、ヘミングウェイを「ヘミ」呼ばわりして終始上から目線のタメ口。

 う~ん、正に昔の悪代官ばりで、これなら日曜討論とかでいつも敬語で淡々と話してた菅首相の方が、よっぽどよくないですかね(笑)。

 そしてヘミングウェイに死を予言されてわずか数分後、官邸のシャンデリアが落下して宮部総理を直撃!!そのまま彼は還らぬ人に・・・。

 激怒してからその感情も収まらないまま圧死ですから、これはとんでもない最期(>_<)。中々衝撃的なシーンでございましたね( ゚Д゚)。

 支持率アップを狙ってヘミングウェイにすり寄らなければ、命を落とすことは無かったのかとか、色々なことを考えてしまいますが、全ては運命だったんでしょうね・・・合掌。

 そしてもう一つの大きなトピックスは何と云っても、白石麻衣さんとヘミングウェイが遂に結ばれたこと💛めでたく男女の仲に(⋈◍>◡<◍)。✧♡いやはや、この二人にこそどんな前世の因縁があるのか、気になる所ではありますね~。

 物語はいよいよ佳境に。白石さんの上司の、キャップこと橋本じゅんさんが突然怪しさ全開に。これは彼も野間口さん達とのつながりがあるのかもですね。来週も楽しみです!!

 それでは今夜はこの辺で。皆様、よい休日を☽

f:id:TOSHIXXX:20210904195731j:plain

   

 

 

「漂着者」第5話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 いよいよ佳境に入った第103回全国高校野球選手権。今回はコロナ渦や長雨による調整難で遠方の高校が早々に敗退。ベスト4は地元近畿勢が独占する事態(勿論史上初!)になっております( ゚Д゚)。

 本日が準決勝で明日がいよいよ決勝戦(無観客とは言え、週末になったのはファンには嬉しい誤算でしたね~)。勝ち残った4校の中ではやはり奈良の智辯学園が優勝かな。個人的にはそんな予感がしています。

 他の3校(近江、京都国際、智辯和歌山)に比べてマスコミ受けするエピソードに乏しく、やや地味に勝ち進んでいる印象の智辯学園ですが、圧勝あり、接戦あり。何気に横浜や明徳義塾といった難敵も退けている。正に横綱相撲でここまで勝ち進んでいる印象でございます。さすがは昨秋の近畿チャンピオン!!

 とにもかくも一時は中止論も渦巻く中、ここまで来れて本当に良かった。選手の皆様と大会運営の皆様は、後ひと踏ん張りでございますね。最後は笑って終われる夏になることを、心から祈っております(*^^*)。

 それでは昨夜放送された、テレ朝金曜ナイトドラマ「漂着者」第5話の感想をアップしたいと思います!

 あらら、期待大だったシシドカフカさんがここでまさかの退場。預言者ヘミングウェイを守るためとはいえ、これは個人的には残念でございました(>_<)。

 今回の白石麻衣さんとの対決。お二方の美の競演は正に甲乙付け難かったんですが、演技力ではシシドさんの圧勝でしたからね~。もう少しこのドラマに彩りを添えておいてほしかったです。

 まあシシドさんの死を以て園児バスハイジャック事件が解決したのも、揺るぎのない事実でございまして。そこは本当に良かった。

 しかしこのドラマは安易に登場人物を消し過ぎですよね( ;∀;)。今回もバスのニセ運転手も含め、被疑者5人が一気にあの世へGO。ホント死人に口なしにも程がありまっせ、秋元先生(苦笑)。

 肝心の斎藤工さん演じるヘミングウェイの謎はまだまだ解けないですが、彼も少しずつ記憶を取り戻し、いよいよ黒幕(?)の野間口さんとの対峙もヒリヒリしたものへと変わっていきそうでございます。

 カギは間違いなく北の大地、ロシア。おそロシアって、果して制作陣の誰か一人でもウラジオストクに行ったことあるのか!?個人的には、そんな突っ込みもあるんですけどね(笑)。

 後はサブキャラ達の消せない過去にも、ヘミングウェイが絡んできそうですよね。白石さんの首吊り自殺した母親と、突然行方不明になってしまった生瀬勝久さんの娘。この二つの悲劇の真相も同時に明かされていきそうで・・・。いよいよ9月からは一気に伏線回収モードに。期待大ですね!!

 それでは今朝はこの辺で。皆様、良い週末を☀

f:id:TOSHIXXX:20210828061836j:plain