「アリバイ崩し承りますスペシャル」を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 最近、地震が続きますね(>_<)。先日も沖縄に津波警報が。幸い被害はほとんど無かったんですが、お隣の台湾では東部を中心に大きな被害が出てしまい・・・一刻も早く行方不明者の捜索が完了することを祈っております。

 台湾と云えば13年前の東日本大震災、そして元旦に起こった能登地震でも多くの方が義援金を送って下さって。SNSを中心に、今こそ我々が恩返しを!という声が出ていますが、ワタクシも全く同じ気持ちでございます。

 ワタクシは日本赤十字社に次の給与が出たら寄付をするつもりです。昨年のトルコ地震の時もそうでしたが、台湾やトルコは我が国にとってかけがえのない友人であり、仲間ですからね。

 ガザやウクライナの方々も本当に気の毒だとは思いますが、やはり普段から強い縁を感じる同胞にはより大きな祈りと支援を。そんな輪を広げていきたいですよね。

 それでは4年振りに復活した「アリバイ崩し承りますスペシャル」の感想をアップしたいと思います!

 本編は丁度コロナ禍直前の2020年冬クールで放送され、当ブログでも感想を毎回アップ。今回よく出演者の皆様のスケジュールが調整できたな〜と思っていたら2年位前に撮影していたものらしいですね( ゚Д゚)。

 確かに、安田顕さん等のレギュラー陣の皆様が今より若く見えるな(わずか2年でも)と思えたんですが、何と云っても主演の浜辺美波さん。明らかに今見る姿とは違って、まだまだ初々しさが残ってましたよね〜。

 特に昨年の浜辺さんはNHK朝ドラ「らんまん」の大ヒット、そこから紅白歌合戦で初司会、そして世界的大ヒットとなった「ゴジラー1.0」で今や海外にも顔を知られる、名実共に若手女優№1の座を確立しましたから。オーラが全然違いますよね。

 またまた分かりにくい例えですが、今作の浜辺さんはLUNA SEAの「EDEN」、ラルクの「heavenly」辺りの、一応ブレイクはしたけどまだまだ知る人ぞ知る存在だったといいますか(笑)。

 そう考えると、続編があるような終わり方でしたが、もう2年経ち当時とは状況が違いますし、今の浜辺さんの演技はそれ程コメディエンヌ寄りでもないし、もはや入浴シーンでコロケを頬張れるレベルの女優さんではないでしょうから、今作は昨夜が最後なんでしょうね(>_<)。

 ストーリー的には、良くも悪くもこの作品らしい、ラノベチックな展開てんこもり。真犯人が復讐の目的を果たすために、ターゲットではない人物を刺殺したことで事件がややこしくなった訳なんですが、職業的にも犯人の性格的にもそれはありえんだろ!というツッコミはやっぱりせざるを得なかったですね~。

 そもそも、いつも解決方法が本格ミステリではないんですが、大方の視聴者は浜辺さんを堪能できたから、そこは不問なんでしょうね(笑)。でも一夜限りの大復活、気軽に観れて楽しかったです!!

 さてさて、今年は浜辺さんにとっては正に大きな一年になりそう。ポスト綾瀬はるか他の黄金世代まで後一歩の浜辺さんですが、ここでもう一波が来ないと広瀬すずさん化してしまうリスクがありますから。目下20代女優では小芝風花さん、後は今田美桜さん辺りとのトップ争いになりそうですが、ポテンシャル的には令和を代表する女優さんになるだけの方だと思いますので、今後の活躍に乞うご期待!ですよね~。

 それでは今朝はこの辺で。皆様、良い休日を☀

 

 

2024年冬ドラマ総括

 皆様、こんにちは。TOSHIXXXです。

 朝は散髪や郵便局、今月の家計簿の締め(笑)などをしておりましたが、午後からはきつねうどんをいただきながら、選抜高校野球の決勝戦をテレビ観戦する予定です(*^^*)。

 群馬県勢として三度目の正直でセンバツ初制覇を目指す健大高崎にも頑張ってほしいですが、やはり大阪人のワタクシとしては隣県兵庫の報徳学園を応援したいですかね。

 前年準優勝のリベンジを果たしてほしいですし、我らが大阪桐蔭にも準々決勝で勝利し、現時点では間違いなく近畿地区最強のチームですしね(*^^*)。とにもかくにも、好ゲームを期待しております🥎

 それでは金曜ドラマ「不適切にも程がある」最終回で幕を閉じた、冬ドラマの総括をアップしたいと思います!

 

 

1.ワタクシ、セレクトミスしたかも!?

 今回も世帯平均視聴率は低迷。2桁を辛うじて維持したのは、またまた日曜劇場のみ。「さよならマエストロ」のみという結果に終りました。

 しかしこのドラマ、ワタクシ的には非常に微妙でした(>_<)。手抜きとまでは言いませんが、最後まで大して盛り上がらないまま終わってしまったのかと・・・。芦田愛菜さんのツンデレも終盤まで引っ張り過ぎだし、正直西島秀俊さんが演じるテンプレ”変人だけどいい人”キャラにも、正直飽きてしまいまして。昨日のテレ朝ドラマ「黄金の刻」を観て、それは確信に変わりました(苦笑)。

 その点ではライバルテレ朝木9の「グレイトギフト」の方がワタクシ的には全然良かった。毎回人が死に過ぎでしたが、ストーリーには最後まで起伏があったし、最近迷走気味だった波璃さんもやはりアンドロイド的なクールビューティが一番ハマるんだなと再認識。

 何より気弱でうだつの上がらないキャラを演じた反町隆史さんが、新境地を開いて良かったのかと。やっぱり世間的にはGTOの鬼塚キャラ(明日は遂に大復活スペシャルが放送されますね、録画はマスト!!)の方がいいようでしたが、私的には今回の藤巻医師役、グッジョブでしたよ~。

 とは云え、今期は先述の「不適切にも程がある」や関テレ「春になったら」といった話題作を見逃しましたので、余り説得力がないですかね。いつものように月9も観てましたが、あまりにひどかったのでここでのコメントは、止めておきます(苦笑)。

 

2.やっぱり、まいんちゃんなんです

 今一つハマれる作品がなかった今期ですが、「正直不動産」シーズン2は面白かった。山下智久さんのコミカルキャラもすっかり板に着きましたし、何と云っても我らがまいんちゃんこと福原遥さんが演じる月下女史が安定のナイスキャラで。やっぱり福原さんは助演かつコメディエンヌで輝くんだよな〜と再認識いたしました(*^^*)。

 とは言え、まだまだ福原さんは過小評価&大きい運が手に出来てませんよね。1年前に放送された朝ドラ「舞いあがれ!」は、その後の「らんまん」「ブギウギ」の大ヒットで、今や誰も覚えていない状態に(>_<)。

 コケてばかりだった映画では遂に「この花が咲く丘で君とまた出会えたら」が社会現象に!!実に興行収入45億円越えの大ヒットとなったんですが、先の日本アカデミー賞ではまさかの優秀新人賞しか受賞できず。

 今更新人賞だなんて、他の受賞者と比べて福原さんだけ明らかに浮いてて、違うやろ!というツッコミがあちこちからあった訳なんですが、所詮はミーハーな女子供が騒いだだけのラノベ作品と、業界的には片付けられてしまったことが長年のファンとしては本当に悔しい。

 同じく大ヒットした「ゴジラー1.0」の浜辺美波さんは、今やハリウッドにも足がかりができたのではないかという状況なのに・・・。ぐすん。

 しかし数年前と比較すると、確実に大女優への仲間入りを果たしつつある福原さん。今回も(脚本がひどかったのが一番ですが)令和版大奥が大コケした小芝風花さん等よりは、確実に結果を残してきていますので、引き続き当ブログで推してまいります!!

 それでは今日はこの辺で。皆様、良き休日を☀

 

 

「院内警察」最終回を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 熱戦が続く選抜高校野球。今回は近畿勢が絶不調で出場した7チームの内、5校が初戦敗退の憂き目を見ましたが、本日我らが大阪桐蔭報徳学園が見事に勝利!!共に2回戦へ駒を進めました(*^^*)。

 大阪桐蔭は昨年春のベスト4、そして報徳学園は昨年春準優勝と実力は申し分なし。奇しくも両校ともに昨年夏は地方大会で敗退し、1年振りの聖地での戦いに期するものはあるでしょうから、これから勝ち進んでくれることでしょう。上手くいけば準々決勝で激突しますので、そこまで頑張ってほしいと思います🥎

 それでは本日遂に最終回を迎えた「院内警察」の感想をアップしたいと思います!

 遂に全ての真相が明らかになりましたが、正直ショボショボでしたね(苦笑)。伏線は一応張ってたけれどその糸がカーボンナノチューブか、って位極細。しかし最後までこのドラマらしいというか、ワタクシ的には良かったです。

 院内で多発していた小さな悪戯が大きな犯罪に。点滴に筋弛緩剤を投入(実際にあった事件を参考にしてるんでしょうね)する犯罪を最後に未然に防いだ院内交番の面々。しかし犯人の看護師の工藤知子さんはさすがに余りのモブキャラでしたので、反則でございますよね~。

 そして、桐谷さんの最愛の恋人の死が、自殺でも治験の失敗でもなく実は半年前に同じことをしようとしていた工藤さんを止めようとして、誤っての転落死だったと・・・なんじゃそりゃ、それじゃあ今までのエピソード全部無駄やん!というツッコミはなしにしましょう。少なくとも今期の月9よりは意味があったと思うので(苦笑)。

 治験を進めていたのは、癌患者を救うためではなく結局、その製薬ベンチャーの未公開株を院長が受け取っていたからというこれまた矮小化されたオチ。更迭された院長と巻き添えを食らって1年の医療行為停止の処分を食らった瀬戸康史さん。まあそれでも我々視聴者的には瀬戸さんが悪人で無かったことに一番ホッとしていて。シニア劇団にでも入ろうかとご本人も憑き物が落ちたような感じでしたね(*^^*)。

 そして最後は、途中で辞表を出した桐谷健太さんが、結局院内交番の仕事を続けることに!!決して互いに演技派ではない長濱ねるさんとの凸凹コンビも続く!ということで本当に良かった。ただ、DVD・ブルーレイBOXの発売すらないようなので、続編は勿論のこと、スペシャルもないでしょうね・・・。悲しい(>_<)。
 正直視聴率的にも爆死、良くも悪くも全く話題にもならずで今作は失敗作だったと思います。それでもワタクシ的にはハマっていたんだな。そう感じております。テレ朝木9「グレイトギフト」が終わった時には感じなかったロス感を、今ははっきり感じておりますから。出演者の皆様並びに制作スタッフの皆様、本当にお疲れ様でございました!!

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

 

 

 

「院内警察」第10話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 本日日本銀行の植田総裁が、マイナス金利の解除を決定。実に17年振りの長期金利の利上げが行われることとなりました。

 経済学者の高橋洋一さんはまだ早い!そうおっしゃっていました(私は高橋先生の大ファンです)が、世界に向けたシグナル的には早い方がいいのでは。個人的にはそう感じております。

 思えば私の社会人人生はまさに失われた30年と共にあって。世界史上でも稀な長期デフレに陥った平成日本でずっと生きてきました。

 それが令和になってから、コロナ禍等の影響もありますが、遂にインフレに突入→日経平均が過去最高額を更新→大企業を中心に春闘のベア満額回答の連発。そしてこのマイナス金利解除と、明らかに流れは変わって参りました。

 格差がまた広がる、そういう声もあり、勿論ワタクシも否定はしないんですが、じゃあこのまま皆横並びで貧しくなる一方、いつまでも昭和のノスタルジーに浸ってていいのかと。それでは子の代の前に座して死を待つだけではないのでしょうか?

 7月には新紙幣の発行も控えていますし、遂に日本経済の逆襲開始!ワタクシはあくまでそう信じたいです(*^^*)。

 それでは今夜放送された「院内警察」第10話の感想をアップしたいと思います!

 いよいよ残り2回。相変わらず地味で重い展開が続いていますが、登場人物一人一人の心の襞を丁寧に描くこの作品、やっぱり嫌いじゃないです(笑)。

 今週はエピソードてんこ盛りでしたね。まずは先週の結依ちゃん死亡の後日談。まさかのお母さんが瀬戸さんを包丁で襲うというとんでも展開でのスタート( ゚Д゚)。

 う~ん、瀬戸さんの手術自体には瑕疵が無かっただけにさすがにこれは無茶苦茶だろ。そう思いましたが、決死の覚悟で桐谷さんがそれを止めて。長濱ねるさんが結依ちゃんの手紙をお母さんに渡してようやく事態は収拾されました。

 わずか14年の人生だったけれど、全ての出会いに感謝して悔いはないと。お父さんとお母さんの子供に生まれて来て良かったと。く〜、最高の言葉じゃないですか!娘の養育費以外に何一つ生きる意味もモチベーションもないワタクシの人生は、ダラダラ48年を過ぎてもまだ全然終わりが見えないのに(苦笑)。

 そしてもう一つのエピソードは、瀬戸さんのカルテ改ざん、これは冤罪で犯人はまさかの馬場ふみかさん(*_*)。しかしその動機は悲恋と後悔の念に包まれていて…。これを突破口にして一気に厚労省への報告→新薬の治験中止命令まで持っていったのはこのドラマらしからぬスピード感でございましたね~。

 これで全ての謎は解決、来週の最終回は何するの?そう思っていたら桐谷さんの恋人の本当の死因は自殺だったと。

 まあそれだけだと正直、昨日の「グレイトギフト」と違って何が何でも観たい!という気持ちにもならないんですが(笑)、ここまで来てそれを言うのは流石に野暮ですよね。大円団のラストに期待しましょう!(^^)!

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

 

「院内警察」第9話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 本日、漫画家の鳥山明さんが68歳で永眠されました。お悔やみ申し上げます。

 我々アラフィフ世代にとって鳥山明さんは、本当に全員が影響を(多かれ少なかれ)受けていると云っても過言が無い方で。

 今でも実家にはドラゴンボール全巻が残っていますし、連載当時は毎週フジテレビのアニメを観て、友達同士で週刊少年ジャンプを回し読みして。

 後はやっぱりキャラクターデザインを手掛けておられた「ドラゴンクエスト」シリーズ。社会現象になった3を手に入れるためにオモチャ屋さんの前に行列して。

 今のネット社会に比べると確実に選択肢は少なかった。でも、皆が同じ作品を楽しんでいた。バズるとかメガヒットという言葉すらなかった時代に、当たり前のように僕達のためにマスターピースを作り続けた天才。それが鳥山明さんでした。

 改めてのありがとうですよね。今まで、本当にお疲れ様でございました。

 それでは今夜放送された「院内警察」第9話の感想をアップしたいと思います!

 最終盤に差し掛かってからようやく、瀬戸康史さんのターンの回に。院内交番の設定は今夜も無視?というのももはや野暮の極みなので置いておいて(苦笑)、しかし中々にヘビーな回でございましたね(>_<)。

 かつて失った妹と同じHLHSに苦しむ結依ちゃんを救うべく、院長の反対を押し切って手術に踏み切った瀬戸さん。”この日のためにずっとメスを握ってきたのかもしれない”という台詞に象徴されるように手術に掛ける思いは相当な物。

 一般的に三流クオリティと呼ばれながら、医療系の作品は高評価されてきたフジテレビ。今回の手術シーンも迫力満点で非常に見応えがありました。

 一時心停止に陥るも、見事にそのアクシデントを乗り越えて手術は成功。ベタだけどやっぱりこの展開だよなと感じていたらまさかの術後に急展開・・・。

 あろうことか結依ちゃんは、術後に投与されていたアドレナリンのアナフィラキシーショックにより還らぬ人に。基本的にこのドラマは王道的な展開でここまで来たので、これにはワタクシ少なからずショック( ;∀;)。

 しかしこれは天意だったんですね。最後に桐谷さんが新薬治験の死亡理由が書き換えられていたことを発見。その人物は言うまでもなく?瀬戸さんだった。手術の失敗は必然だったのでしょうか。

 次回はショックのあまりメスを握れなくなった瀬戸さんが失踪してまうようで。ずっと地味に進んできた印象ですが、後2回いよいよクライマックスでございますね。期待しましょう!!

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

 

「院内警察」第8話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 またまた今週もおめでたいニュースが!正直、当ブログで取り上げるまでもないのですが(笑)、大谷翔平選手がまさかの電撃入籍( ゚Д゚)。ホントに度肝を抜かれましたが、何はともあれおめでとうございます🎉

 まあ、嘘つけと言われそうですが、ワタクシ何となく大谷選手に春の予感はしてましたよ。デコピンちゃん?でしたっけ。

 最近話題になってる大谷選手の愛犬ですが、流石に男やもめの状態でワンちゃんに目覚める?これは彼女でもできたのでは・・・なんてことを思っておりましたから。

 気が付けば大谷選手も30歳。今年からは今までみたいに大谷翔平と愉快な仲間達。みたいなユルいチームではないですから、本当に今後の野球人生を左右する大事な一年になることは間違いなくて。しっかり奥様にサポートしていただきたいですね(*^^*)。

 それでは先程放送された「院内警察」第8話の感想をアップしたいと思います!

 まあ今回も寄り道全開、サブエピソードがメインになってしまってました。しかも冒頭に出てきた長濱ねるさんの摂食障害の同級生はほぼ放置で一体どうなるのかと思っていましたが、終わってみればこのドラマでは一番の神回だったのではないか。ワタクシはそう感じております(*^^*)。

 今週のゲストは忍成修吾さん。まあ彼が医師を演じてただのモブキャラの訳はなくて、ダークヒーローとも取れるような正義のニヒル尊い自己犠牲精神。金欲しさにほいほい反社と繋がっていた訳ではないという・・・痺れました!!

 今回は生活保護者から睡眠薬等を集めてSNSで反社が売りさばいてぼろ儲け。そんな社会問題にも切り込んでおりましたね。

 う~ん、ワタクシも本当に働くことが苦痛なクズ人間ですが(涙)、それでも何とか自立して生きていきたい。憲法にも定められた労働の義務を果たしていきたい。その一念で何とかやっておりますが、生活保護もあくまでも生活を立て直すための一助。それ以上の役割にはならないでほしいです。

 今回は初めて市村正親さんが大活躍しましたね。意外に(!)弱くて桐谷健太さんはチンピラにボコられましたが、市村さんが彼等をクールかつサイレントに駆除。現役時代はさぞかし伝説の刑事だったのでしょう( ゚Д゚)。後は長濱さんのイヤホンが即席のGPSになってた演出も何だかほっこりいたしました。

 あーあ、今回も肝心の瀬戸さんとのエピソードはスルーか・・・と思っていたら最後にどんでん返しが!!桐谷さんの恋人の治験はプラシボ、いわゆる偽薬で問題の新薬は投与されていなかったという衝撃の事実が。

 これには我々視聴者の予想も完全にひっくり返されてしまいました。次回が待ちきれませんね~。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

 

「院内警察」第7話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 エンド・オブ・ソロウ。ようやくこの時がやってまいりました。

 日経平均株価が、遂にバブル時代超え!!

 昨日の終値が3万9098円。伝説になっていた1989年12月29日の終値、3万8915円を34年振りに更新・・・。本当に長かった。先週は日本のGDPが世界第4位に転落したニュースをお伝えしましたが、今週は嬉しいニュースとなりましたね(*^^*)。

 「失われた30年」も遂に終了か!?との意見が多い中で、残念なのはこの場に及んでもまだネガティブなコメントをする方々も少なくないこと。

 やれ儲かるのは海外勢や富裕層だけだとか、株価は円安効果だとか給与には反映されてないとか。正直、デフレマインドは本当に心を壊してしまうんだな・・・そう感じてしまいます(>_<)。

 確かにワタクシ達の親世代の頃は、ある程度まとまったお金がないと株式には手を出せなかった。しかし今はネット証券が全盛で、何ならポイ活でミニ株が買えたりもする。昭和の頃に比べて、圧倒的に投資のハードルが下がっている。その気になれば誰しもが少なからず株高の恩恵を得られる時代になったと思うんです。

 何よりバブル崩壊後、一部のスポーツ選手の活躍以外、本当に日本には明るいニュースがなかった。ここは素直に喜んで、お先真っ暗と思われた令和でまさかの日本経済の逆襲開始!!そんなストーリーを国民皆で築いていきませんか?少なくともワタクシは日本の明るい未来を信じていたいです。

 それでは今夜放送された「院内警察」第7話の感想をアップしたいと思います!

 今回はほとんど桐谷VS瀬戸の因縁話も進まず、正直スカスカの内容。そこは残念でしたが、サブキャラとして大いに存在感を発揮していたでんでんさんが退場。病名ははっきりしていませんでしたが、明らかに末期がんぽかったですよね・・・。

 院内交番のメンバーの力も借りつつ、何とか10年前に出ていかれた妻と連絡を取ることに成功。しかし時既に遅く、妻子が病院にやって来て対面できたのは主を失ったベッド。でんでんさんは一人で亡くなってしまいました(>_<)。

 まあでも、これからの高齢社会では一人で亡くなる人も増えるでしょうから、ワタクシもそんな覚悟もしつつ。ただ、でんでんさんの死にショックを受けた結依ちゃんが死にたくないと号泣。彼女にかつて亡くした妹の面影を見る瀬戸さんは、俺が君を助けると約束しますが・・・。

 この続きも気になりますが、そろそろ本題にも踏み込んでください。中だるみ感、半端ないですよ(>_<)。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡