「家政夫のミタゾノ シーズン4」第6話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 来月10日より開幕する「2020年甲子園 高校野球交流試合」の抽選会が行われ、各チームそれぞれ1試合のみの対戦カードが遂に決定いたしました(*^^*)。

 注目は昨夏の決勝を含めて三期連続の対戦となる履正社×星稜と、意外にも甲子園では初対決になる大阪桐蔭×東海大相模。他にも実力伯仲のカードが目白押しで(個人的に少なくとも1試合は、21世紀枠同士にしてあげれば良かったのにと思いますが・・・)、春に悔しい思いをした球児達の全力プレーが、今から本当に楽しみでございます🥎

 今回は感染症対策のため、1試合のみ。ただ変な話ですが、出場チームの内、元々半分は1試合しかできない訳で。

 今年は本当に死力を尽くした戦いが見られそうですが、いつもと違って勝った方(本来なら次に進める訳ですから)が涙に暮れる。そんなシーンに出くわすかもしれませんね( ゚Д゚)。

 しかし、縮小・無観客とはいえ、コロナ渦を乗り越えて聖地へ乗り込んでくる32チームの皆さんを心より応援しています。関係者各位にはしっかりと、感染症対策をお願いする次第でございます。

 それでは昨夜放送された「家政夫のミタゾノ シーズン4」第6話の感想をアップしたいと思います!

 今回のゲストは星野真里さん。金曜ナイトドラマ枠ではすっかりお馴染みですよね(^-^)。今回の印象は可もなく不可もなく。既に伝統作になりつつあるミタゾノシリーズのまさにスタンダードなお話だったと思います。

 真面目(だと思っていた)良家の婚約者と結婚するために、元ヤンレディースだった過去をひた隠して彼の母親と会うことにした星野さん。母親役はダウンタウン浜ちゃん夫人の小川菜摘さん久々の登場でしたが、中々の演技でしたね( ゚Д゚)。

 家事スキルゼロを悟られまいとミタゾノさんと飯豊さんを雇って顔合わせに臨むも、予想外の出来事の連発!!個人的には星野さんも小川さんも最低、女性のダークサイド全開過ぎるだろ(笑)という展開でしたが、結局婚約者が星野さんの友人と浮気していた事実もあり、星野さんの方からこの結婚は無しで!というオチでございましたね( ゚Д゚)。

 まあ多かれ少なかれ、いい年になると誰でも隠したい過去の一つや二つはあるもので。でもそれらを全て捨てて新しい自分になろうとするのはね・・・。

 やっぱり自分のアイデンティティって変えられないし、例え捨てたように見えてもやっぱり後から追い駆けてきちゃいますよ。 

 そういう点では私は今でも(会社では言えない)ビジュアル系大好きオジサンですし、このブログの人気記事も結局その関連だったりしますしね(笑)。

 これからは個人の時代ですから。どれだけずれてても自分だけの「好き」は大切にしたいですよね~( `ー´)ノ。

 それでは今朝はこの辺で。皆様、くれぐれも天候にはご注意を☔

f:id:TOSHIXXX:20200711052454j:plain

 

「探偵 由利麟太郎」第4話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 本日は七夕。少年時代に私は、七夕とはロマンティックなアジアの風習。彦星と織姫のロマンスは正にオリエンタルラブストーリー(BUCK-TICK好きの方はこのセンテンスにニヤリとしてくれますかね)だよね。そんなことを考え、周りの人間にも七夕を盛り上げようぜ!!なんてことを色々アピールしておりました。

 まさかその時には、将来七夕がクリスマスイブは勿論のこと、ハロウィンにさえ大きく水を開けられる事態になるとは想像していなかったんですが・・・。

 しかし現状では無理もないですね。最近の七夕はいつも豪雨。正に天が泣いているかのように、人間の環境破壊に対して(最近はかつての途上国も経済発展してきているので余計に)地球が号泣しているかのように、慟哭するかのように物凄い雨が降る。調子に乗って自然を侵した人間は手ひどく復讐される。ヒトラーの予言は今現実に・・・。はっきり言って、悲惨でございます。

 もう七夕の夜はこれからずっとこんな調子で、彦星と織姫も二度と会うことは叶わないのかもしれません( ;∀;)。今も九州がとんでもない豪雨に晒されていますよね。本当に心配です。私としては募金くらいしかできませんが、せめて亡くなる方だけは少しでも少ないことを心から祈っております。

 それでは先程放送された「探偵 由利麟太郎」第4話の感想をアップしたいと思います!

 いよいよこのドラマも最終章。正直期待薄だったんですが、「蝶々殺人事件」前半は物凄く良かったと思います(^-^)。VIVA!!

 やはり由利麟太郎シリーズは一時間では短すぎたんでしょうね。いつも結末に進むのが唐突でしたから。正直、吉川のアニキの出番も少なかった。今回は殺人事件の舞台真っ只中に出て来てくれて。これそ横溝正史ワールドの探偵ですよね~。

 そして今回の舞台は大阪。中央公会堂を始めとする、いわゆる中の島界隈で、ここは下世話な大阪の中では異彩を放つ芸術スポットでございます(*^^*)。

 関西ということでは今までの京都も良かったんですが、大阪人の私としてはこちらの方が俄然視聴に熱が入りますね~。

 そして最後にゲストの豪華さ!!高岡早紀さん、大鶴義丹さん、ビズリーチのCMでお馴染みの吉谷彩子さん、佐野岳さん、板尾創路さん、鈴木一真さん・・・。ああ、前回までは本当にこの時のために、顔も知らない女優さんばかり起用してたんですね。何か泣けます(苦笑)。

 事件の行方は果してどうなるんでしょう?高岡早紀さんの亡霊、あれもトリックなんですかね。本当に最終回が楽しみですね(*^^*)。後は今回の由利麟太郎の「誰より、私は自分の人生に批判的です」この台詞に痺れました。個人的に激しく共感でございます!!

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20200707232317j:plain

 

「家政夫のミタゾノ シーズン4」第5話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 サイレントサイリン名義で公開しているクックパッド、先日通算アクセス数が70万件を突破♬ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございます(^-^)。

 元々自分のレシピのメモ代わりに使っているということもあり、最近は更新もゆっくりにはなっていますが、今でも月に1通はつくれぽもいただいていて。

 お子さんのために、親御さんのために、そして男女問わず自身のパートナーのために。そんな目的で私のレシピを作ったよ~というお便りは素直に嬉しいですし、何より私の料理のモチベーションにもなります。これからも納得のいくレシピを編み出せたら、随時更新していくのでよろしくお願いします🍳

 それでは先程録画を観た「家政夫のミタゾノ シーズン4」第5話の感想をアップしたいと思います!

 前回はさすがに製作スタッフの皆様にも疲れが見えたか。そんな心配もしてしまいましたが、今回はしっかりと修正。このシリーズの人気を証明する、質の高いストーリーを展開してくれました。VIVA!!

 ゲストは袴田吉彦さんと大浦龍宇一さん。袴田さんはいつものバイプレーヤー振りを見せてくれましたが、大浦さんがまさかのBLオジサンに( ゚Д゚)。若い方からすると誰このオジサン?状態なんでしょうが、若かりし頃の大浦さんは陰のあるイケメン俳優として、本当に人気があったんですよ~。

 ストーリーは、袴田さんがガールズバーの女性との密会中にバットを振り回して女性を追いかけていた大浦さんを目撃。その後その女性は殺害され、大浦さんが袴田さんの隣に引っ越してくる・・・そんなホラーな展開でございました( ゚Д゚)。

 まあ普通のストーリーなら、ここから恐怖の展開が続くわけなんですが、袴田さん宅に我らがミタゾノさんご一同が出張していたことで、我々視聴者は安心して観ていることができました。そして結局、大浦さんは偶然出会って以来、抑えきれなくなった袴田さんへの一途な思い故に隣に越してきただけ。犯人は別にいて逮捕された・・・そんなオチでございました。

 すれ違う寂しさから出会い系サイトに登録していた妻とも和解。袴田さん一家は再出発を図ることになり第5話は終了。紹介されていた餃子も作ってみたいですし、今回の内容はホントに良かったです!!

 元々はダーク―でビターな展開も、最後は家族の再生という救いのあるオチに。これがこのドラマのいい所だったんですが、最近はそれもおざなりになっていた気がするので、次回以降もまた原点回帰を忘れずに頑張っていただきたいです(*^^*)。

 それでは今朝はこの辺で。皆様、くれぐれも豪雨にはご注意を☔

f:id:TOSHIXXX:20200704065445j:plain

 

「探偵 由利麟太郎」第3話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 いよいよ今夜で放送が終わってしまう、「逃げ恥 ムズキュン特別編」。無念の第7話での終了となりますが、今まで本当に楽しませてくれましたよね(^-^)。

 個人的には星野源さん演じるヒラマサさんと、ガッキー演じるみくりさんが結ばれてからの展開はどうも苦手で。あのラストの「それは愛情の搾取です」発言は分かっちゃいるけどドン引きでございましたね~。

 今回はそこに至る前に、いわゆる美しい二人の関係のままフェードアウトしていくということで。それもまた粋といえば粋でございますよね。

 みくりさんによる看病シーン(第1話)「逃げたって、いいじゃないですか」(第2話)「ヒラマサさんが一番好きですけど」「浸透力、半端ない」(第3話)「愛される人は、いいなあ」(第4話)「私は、ヒラマサさんの味方です」「ハグの前借、お願いします」(第5話)、そして「永遠に、着かなければいいのに」からの伝説のキスシーン・・・。

 う~ん、近年ここまで手抜きの無いドラマってありましたっけ?いやはや、正に平成最後の胸キュンラブストーリー。続編あるかも情報が出てますが、これからも長く語り継いでいきたい作品なのは間違いないですね(*^^*)。

 それでは先程放送された「探偵 由利麟太郎」第3話の感想をアップしたいと思います!

 段々とは良くなってきていると思います。今回の殺人動機は妻の不倫(犯人は実質ヒモみたいな男でしたよね・・・)への復讐。陰惨さは鳴りを潜め、耽美な世界が上手く令和の日本とも調和し始めた。吉川のアニキのアクションも板についてきて、ファンとしては非常に見応えのある第3話でございました(*^^*)。

 ただ大きすぎるマイナスポイントは、やはり毎回犯人がゲストそのまんまってところですかね( ゚Д゚)。まあもうネタバレも何も、今回のピンヒールピエロは誰がどう見ても浅利陽介さんで、全くそれを裏切らないオチ(苦笑)。う~ん・・・。

 先日最終回を迎えた「美食探偵」も同様でしたが、最近のミステリーものって、敢えて犯人を先に明かす形式にしているものが増えてきている気がします。でもそれってやっぱり個人的には面白くなくて。

 余程犯人の描写に優れたものがあれば見応えがあるんでしょうが、個人的には手抜きをしているようにしか見えず(>_<)。その点、犯人は何となく分かりましたが、幻覚の原因が最後まで謎めいていた第2話は良かったんですかね・・・。

 来週と再来週の「蝶々殺人事件」で遂にこのドラマも完結。私は原作は読んでいないので、最後位は壮大なミステリーを期待したいですね♬

 それでは今夜はこの辺で。逃げ恥の雄姿を、皆で見守りましょう☽

f:id:TOSHIXXX:20200630220441j:plain



 

 

「家政夫のミタゾノ シーズン4」第4話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 30年ぶりに春来る。英国プレミアリーグで、リヴァプールFCが久々のリーグ優勝を果たしました。プレミアリーグになってからは勿論初制覇!!本当におめでとうございます(^-^)。

 最近もチャンピオンズリーグは制覇していましたので、リーグ制覇も時間の問題とは思っていましたが、ここまで何度も2位止まりで・・・。あのジェラード選手を以てしても辿り着けなかった栄冠。

 個人的にはリヴァプールバルセロナみたいなガチガチの古豪より、チェルシーマンチェスター・シティみたいにカネの力で突然強豪になる!!みたいなクラブの方が好きなひねくれ者ですが(笑)、今回の優勝には本当に敬意を払いたいです。来年のチャンピオンズリーグも頑張ってほしいですね⚽

 それでは録画を観た「家政夫のミタゾノ シーズン4」第4話の感想をアップしたいと思います!

 さすがにこのドラマにも疲れが出たか。今回はイマイチでした(>_<)。

 今回のゲストは木野花さんと板橋駿谷さん。正に名前は知らないけどよくドラマで見かける系の代表格のような方々でした。

 お二方の演技には安定感があって良かったんですが、台風で留守になった豪邸に空き巣で入り、ミタゾノさん達にある意味弄ばれる・・・。

 似たシチュエーションが過去シリーズでもあったので新味がなかったし、オチが分かり切っているのに、その前の木野さんの身の上話(口からの出まかせ)が余りに長くて。あのくだりで10分も使うのはちょっと手抜きだと感じてしまいました(>_<)。

 まあさすがに幾らミタゾノさんと云えども、毎回毎回神回を求めるのは酷な訳で。7月からの後半戦の巻き返しに期待したいところであります。

 さて、いよいよ豪雨・台風シーズン間近ということで、今回の家事情報は本当にお役立ちでしたね(^-^)。コロナ禍も続きますが、次なる災害への備えも必要だとアラートを鳴らしてくれました。

 後は今回、ストーリーはイマイチでしたが、台詞は中々エッジが効いていて。松岡さんの「嵐は可愛いから好き♡」には大爆笑、そして飯豊さんと伊野さんの「今年も色々ありました・・・もうお腹一杯」「まだ半分しか過ぎてませんけど」のくだりにもニヤリ。

 そうなんです、最近は世相の影響もあり、ヤレ何でもかんでも不謹慎、不謹慎のオンパレード。表現の自由までもが自粛警察化している気がして。そんな中、一貫して忖度なしに毒を吐き続けるミタゾノシリーズにはまだまだ期待大ですね!!

 それでは今朝はこの辺で。皆様、良い休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20200627061149j:plain

 

「探偵 由利麟太郎」第2話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 現在、TBS火曜ドラマ枠で絶賛放映中の「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン編」。今夜は伝説の神回として知られる第6話の放送ですが、どうやら来週で終了してしまいそうですね( ;∀;)。

 リアルタイムでは何となく観てたのが、今ではすっかりドハマりしてて。新作ドラマのこともあるから仕方がないけど、実に無念だ~。そう嘆いていたら突然の朗報が!!

 そうです、我らがガッキーが遂に再始動( ;∀;)。8月から放送予定の日テレ日曜ドラマ「親バカ青春白書」で、主演のムロツヨシさんの死別した妻役で電撃出演が決定🎉VIVA!!

 しかしこのドラマ、ヒロインはムロさんの娘役の永野芽郁さんで、天下のガッキー、まさかの三番手で出演という事実がかなり世間を騒がせているんですよね( ゚Д゚)。

 個人的にはちゃんちゃらおかしい。逃げ恥以降、私達が勝手にガッキーを大女優、綾瀬はるかさんの最大のライバル、みたいな感じで持ち上げてしまっていて。当のご本人はそんなにガツガツもしていないし、実に無欲です。

 今回はあの福田組からのオファーということもあり、自身のフィールドを広げるために、何より面白そうだから出演を決断したんだと思います。 

    回想シーンにしか出てきてくれないんでしょうが、少なくとも毎回出演してほしい。個人的にはそれだけで満足です。とにかく8月に一つ楽しみが増えました(^-^)。

 それでは先程放送された「探偵 由利麟太郎」第2話の感想をアップしたいと思います!

 初回の評価は散々でした(>_<)。全体的に間延びしていた(70分スペシャルでしたし)のと、事件の背景がダークすぎる。そして何よりゲストの新川優美さんの演技力の低さ・・・。吉川のアニキには実に酷な船出でございました。

 その点、第2話はかなり修正がされていたと思います。私も知らないマイナー女優さんでしたが、ゲストの水上京香さんの演技は中々でしたし、犯行の背景も前回程陰惨ではなかった。

 そして水上さんの観ていた悪夢のような幻覚は、きちんと犯人に仕組まれていた映像だった点もリアルで良かったです。

    ただ犯人の犯行動機だけが個人的には訳ワカメでしたが、これは脚本うんぬんではなく、原作の横溝正史さんがマッドであると(苦笑)。

 前回で脱落しなくてホンマに良かった。「好きですよ、私は。しっくり、ダークで、おどろおどろしくて(みくりさん風)」

 それでは今夜はこの辺で。「逃げ恥」も見逃すわけにはいきませんね🏃

f:id:TOSHIXXX:20200623220733j:plain

 

「家政夫のミタゾノ シーズン4」第3話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 少しずつ、日本列島にも日常が戻ってまいりました。

 ドラマ界では今週より「ハケンの品格」と「BG」の新シリーズが遂に始動。そしてスポーツ界では昨夜からプロ野球が開幕(阪神タイガースは負けちゃいましたけどね・・・)。更に本日から全国の県をまたいだ移動も解禁になるなど、まだまだマスクは手放せませんが、ようやく我々も自粛生活から解放されそう。本当に嬉しいですね(^-^)。

 それでは昨夜から放送が再開された「家政夫のミタゾノ シーズン4」第3話の感想をアップしたいと思います!

 先日のリモートドラマが大好評だったミタゾノさん。満を持しての第3話は、自粛期間がいい充電期間になった。期待を裏切らない重層的なストーリーで、大いに楽しませていただきました( `ー´)ノ。

 今回のゲストは小沢真珠さん。いやはや、小沢さんVSミタゾノさんなんてツワモノ揃いの芸能界でも、最強のキャラ対決ではないかと(笑)。

 テーマは毒親。小沢さんが娘の恒松祐里さんに、文字通りの過干渉。お揃いの服は当たり前として、婚約相手も新生活も勝手に決めてしまっていて。恒松さんはそんな母親から逃れるために、お抱え運転手と逃避行を企てる・・・そんな第3話でございました。

 自粛前、特に最近はさすがのミタゾノシリーズもストーリーが雑になったと感じていたんですが、今回は久々のどんでん返しの連続で面白かったです!!

 逃避行を夢見た運転手は、ただ自分を蔑んでいた小沢さんに復讐するために、恒松さんを弄ぼうとした。そして当の恒松さんも小沢さんへの反発から、彼以外にも刹那の倫乱に明け暮れ、遂には未婚の母になってしまうという展開でございましたね( ゚Д゚)。

 未婚の母になる恒松さんの不安を厳しい言葉で励ました小沢さん。ようやくこれで二人は本当の親子になれたかと思いきや、最後に赤子の孫ともお揃いの服を着て、「今度こそは私を裏切らない子に育てるわ」と。

 ミタゾノさんの「毒祖母」の台詞が印象的なこのドラマらしい、ビターなエンディングでございました。いやはや、人はそんなに簡単には変われませんよね(>_<)。

 正にゴジラVSガメラ級の対決だった第3話。しかし演技力だけで云えば、小沢さんより恒松さん。松岡さんより飯豊まりえさんの方が圧倒的に上だと思うんですがね・・・まあどちらも発する強烈なオーラには叶いませんが(笑)。今後も特濃キャラ全開で、ミタゾノさんには最終回まで突っ走っていただきたいです!!

 それでは今朝はこの辺で。皆様、良い休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20200607104138j:plain