「監獄のお姫様」第9話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 先日チラッとお話ししたカレー専門店ココ壱番屋。日曜日に散髪の帰りにどうしてもカレーが食べたくなって入ったんですが、正直クオリティの割にはいつも値段が高いと思ってしまうんです( ゚Д゚)。

 その日はスープカレーを食べました。茶碗に入ったご飯とスープカレーが出てきたんですが、私、犬も食わない毒男だったことをすっかり忘れてしまっておりました(@_@;)。そうです、注文してみたのはいいけれど、いざ出てくるとどうやって食べたらいいかがまるで分からなかったんです(苦笑)。

 これがお洒落な丸の内OLとかなら問題ないんでしょうが、私はアラフォーのただのオッサン。やっぱりチキンカツカレーにしとくんだった。ああなんてこったい・・・。

 ご飯にかけていいのか、スープにご飯をぶっこんでいいのかそれすらも分からない。結局ご飯を先に口に入れて、それからスープカレーを食べてました( ;∀;)ちなみにそのスープは日清カレーヌードルと同じ味がしました。さすがココイチだなと(笑)。

 実はココ壱番屋にはもう一つ思い出がありまして。その昔ココ壱番屋には1300グラムカレーキャンペーンというのがあって、その名の通りご飯が1300グラムのカレー(メニューは何でもOK)を20分以内に食べるとタダになるという企画があったんです( ゚Д゚)

 私は過去2回チャレンジして、いずれも成功しました(^^♪一回目は大学の卒業式の前日、そして二回目は今の会社に入ったばかりの頃です。

 特に思い出すのが2回目。他の挑戦者(主に若手社員)が脱落する中、私は12分で完食できまして。それを見て喜んだ先輩が食べたくないのにパフェを食べに喫茶店に連れて行ってくれ、こっそりトイレでこっそり豪快に吐いてしまった(笑)ということがありました。

 このチャレンジは多少大食いの人なら割とすぐに達成できたので、それから数年して無くなってしまいました。どうもその時の反動で平均1000円も掛かるココ壱番屋は今でも高いという感覚が(笑)。まあ今あの企画が復活してもさすがに無理でしょうけどね~。

 では昨日観た「監獄のお姫様」第9話の感想をアップしたいと思います!!

 今回が一番面白かったですね。クドカンさんのギャグも最小限になってましたし(笑)。出所した小泉さんを始めとする面々が復讐に乗り出すまでの過程が丹念に描かれていました。キーパーソンはやっぱり満島さんだったんですね( ゚Д゚)。

 これはどこまで事実に基づいているのかは分かりませんが、出所してから結構皆さんちゃんと仕事に付けてましたね。私がイメージするムショ帰りは女優こと坂井真紀さんだけでした(笑)。ただ息子さんとの再会シーンだけ、ちょっと小泉さんが可哀そうだな。そう感じてしまいました(>_<)。

 次回はようやく最終回。正直よくここまでクドカンさん引っ張ってこれたなと。それが率直な感想です(苦笑)。普通に考えたら真犯人は伊勢谷さんで破滅して終わり。そんな展開しか予想できないんですがまさかのどんでん返しがあるんでしょうか?クドカンさんの本気度が最終回で問われると思いますのでしっかり見届けましょう!!

 それでは猛烈な寒波が襲来していますが、雪国の皆様は運転や雪下ろし、くれぐれもお気をつけて☃

f:id:TOSHIXXX:20171212231537j:plain

「民衆の敵」第8話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 最初にココイチネタを書くと言ってたんですが、それどころではございません( ゚Д゚)。昨日の「民衆の敵」第8話。神回でございました。8と云えばフジテレビ。う~ん、昨夜の第8話は今作はおろか、今年の月9ドラマを通じても一番の神回だったと思います。

 では早速感想をアップしたいと思います!!

 

 

1.前田の敦ちゃん、大活躍!!

 まずは今回の第8話のMVPは敦ちゃんこと前田敦子さんです( ^)o(^ )。今回は彼女無くしては成り立たないストーリーでございました。

 最初の朝の寝起きのシーン、ちょっとサービスショットぽい演出にガッツポーズのAKB時代からのファンの方も多かったと思いますが、私的には二度寝するかどうか悩むところがああ若いな、やっぱり20代だなと(笑)。

 私はオッサンというかどんどん老化現象に襲われていて、最近は睡眠時間が短くなり、夜明け前に起きてしまうことも多いので( ゚Д゚)。

 そして犬崎さんのニューポート建設反対派に対しての、あまりに露骨な懐柔策に嫌悪感を示すところもグッドでした。

 これは役柄として中学時代は半分イジメに合ってたようなキャラというのが大きいですよね。彼女は昔からの美人ではなく、挫折しらずで他人を見下して大人になった訳ではなかった。

 暗い中学時代、でもそれは彼女の良心を強く磨くためには必要な試練だったということなんですよね。そして素直に篠原さんにあって自分に無いものは行動力であるということを悟り、彼女と若手市役所職員の会見の場をセッティングしてくれました。そして犬崎派からの離脱・・・彼女もこれから篠原市長のよき理解者になってくれそうですね(^^♪

 

2.まさかの・・・異人たちとの秋

 こんなタイトルにしましたが、今回これが私が猛烈に刺さったポイントなんです!!まさか月9がここまでやってくれるとは・・・。他でもない石田ゆり子さんと娘さんの秘められた過去についてです。

 同じ新聞社の西村記者、てっきり元旦那だと思っていたんですが、まさかの精子提供者だったとは・・・。いや~黒沢さん、お見事です!!こういう母子関係を取り上げたのはこのドラマが初めてではないのでしょうか?

 そしてその石田さんが主夫の田中圭さんと語り合うシーンがとても良かったです( ^)o(^ )。確かに世間に迎合しても世間の人は何も助けてはくれないんです。自分らしく生きていいんです。

 正直私も働かない男はダメだという気持ちがある人間なんですが、田中さんは本当に主夫の鏡。きちんと育児もして、あんな美味しそうな天然酵母パンを自作できるなんて!ああ素晴らしい。こんな主夫ならありかと( ^)o(^ )。

 これからはダイバーシティ、つまりは多様性の時代。価値観は変わるでしょう。人工知能の恋人や婚姻すら出てくるでしょう。私はそういう新しい価値観を否定し、古い価値観を常識だと語って偉そうにする年寄りにはなりたくないんです( ゚Д゚)。

 どんな生き方があってもいい。そこに笑顔と幸福があれば。正に「世界には愛しかない」ですよね(笑)。

 

3.最高潮のクライマックスへ!!

 出だしから今年の月9の中では断トツの出来だと感じていた「民衆の敵」。しかし最初は何かバタついてるというか、試行錯誤してるなという感がありました( ゚Д゚)。

 それが篠原さんが市長になってからは一気に流れが良くなり、引き込まれるストーリー展開になってきたと思います。

 市の若手職員、そして前田さんも篠原陣営に加わり、遂に高橋一生さんも副市長への就任を承諾してくれました( ;∀;)。しかしそこで引き下がる犬崎さんであろうはずがなく、予想通り例の風俗嬢が担ぎ出されてきました・・・。これはもうスキャンダルの予感しかしないですね。最後まで篠原市長×犬崎議員との死闘は続きそうですね!!

 

 以上、久々の箇条書きの感想でした( ^)o(^ )。視聴率は消費税以下、でもこれは「貴族探偵」みたいな駄作故の低迷、ということではありません。これからも月9を見守っていこう、その決意を新たにすることが出来ました。来週も楽しみです!!

 では、今日も一日頑張りましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20171211232518j:plain

 

 

 

「陸王」第8話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨日は泣き言呟きまくりだった土曜日に比べて、中々有意義な一日となりました( ^)o(^ )。まずはいつものように料理からスタートしたんですが、試作中のマイレシピが次々といい感じに仕上がってきたんです♪

 基本月1ペースで新作発表してるんですが、これで来年の春先位までは皆様にも喜んでいただけるレシピが発表できるのではないかと思っています。

 それからバスに乗って隣町のオークワセンターへ。行きつけの散髪屋でマスターとゆるーく年の瀬トークをし、ココイチで昼ご飯を食べ(このネタはまた明日ご紹介したいと思います)、新しいプリンターを購入しました。

 そしたら曇天だった空がどんどん晴れて、快晴になったんです( ゚Д゚)。今日の予報は曇り後雨だったのに・・・。どう見ても雨は降りそうになかったんで、結局昨日午後に15キロランニングをしてきました。昨日の湿布が効いたのか、足の痛みも引いてたんです(*^^*)。

 ・・・という訳で最終的には満足いく休日を過ごせました。夜からは予報通り凄い雨が降ってきたので、昨日のランニングは神様からのプレゼントやな~と思って嬉しくなりました。感謝です。

 では昨日観た「陸王」第8話の感想をアップしたいと思います!!

 完全に陸王製作は袋小路に(>_<)。そんな中、少しでも陸王の宣伝になればと役所さんは地元の駅伝大会に出場することに。皆で練習してたんですが当日係長の安田さんの足が腫れて出場できないというアクシデントが( ゚Д゚)。

 いやもうですね、ドラマでは4キロ走ればいいとなってたのでそれ位でいいなら私TOSHIXXXが代わりに走るのにと(笑)。ただ勿論そんな訳にはいかず、最終的には救世主が現れます。

 それが風間さんでしたね。買収話をしたせいで役所さんから出入り禁止状態にされかけてましたが、見事に信頼を回復しました!正直かなり変な走り方でしたが(笑)。

 そして10位以内に入ればインタビューや写真撮影もあったこの大会、役所さんが負傷した他のランナーを助けたためにタイムロス。最後の山崎さんの健闘も虚しく、無念の11位で入賞を逃してしまいました(@_@;)。

 しかし突然前方のランナーが転んで救護班も誰もいないって、何かそういうのだけこのドラマ、本当にわざとらしい(苦笑)。勿論ああいう時は救助優先で勿論Okなんですが、あまりに展開がべた過ぎて正直興ざめしちゃうんです。もう少し上手い演出してくれないかな・・・と。まあ日曜劇場らしいと云えばらしいんですが(苦笑)。

 そして最後にこはぜ屋さん買収を持ちかけた、フェリックス社の松岡修造さんが登場!!松岡さんが連ドラに出るのを観るのは初めてです( ゚Д゚)。中々の演技だったのではないでしょうか。そしてホワイトナイト的登場ですが、確実に裏はありそうですよね・・・。

 とにかく大阪ハーフマラソンに向けてのいいモチベーションアップになるこのドラマ、今ではすっかりハマっています( ^)o(^ )。では今週も頑張りましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20171210225005j:plain

 

「先に生まれただけの僕」第9話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 どうも飛ばし過ぎた11月の反動か、最近バイオリズムが良くないんです(>_<)。

 金曜日は上司が出張してたため、私が久々に今いる職場の責任者で疲れました。夜は後輩と近くの店で飲んだんですが、その帰りに家族に伝えなければならなかった伝言を忘れていてちょっとしたトラブルに( ;∀;)。

 そして昨日も木曜夜のランニング中に起きた肉離れが、かなりきてて結局走れず。買い物に行ったイオンでは、車椅子のおばあちゃんが障害物よけれず難儀してたのに、何故か声を掛けれずモジモジしてしまい、結局他の人が介助して自己嫌悪に( ;∀;)。

 ・・・これって疲れなんですかね。結局買い物して、大掃除するつもりが普通の掃除、後はアイロン掛けして、今日少し売りに出す古本の段ボール詰めをするのがやっとでした。土曜は何だかぼんやりと一日が終わってしまいました( ;∀;)。

 ただ、週明けと思っていたボーナスが昨日入っていたし、アイロン当てながら観てた日本×北朝鮮のサッカーの試合も、最後ロスタイムに日本が劇的弾で勝利できて少し元気を貰えました(*^^*)。という訳で今日は昨日の分までしっかりいい休日にしたいなと思っております( ^)o(^ )。

 では昨夜観た「先に生まれただけの僕」第9話の感想をアップしたいと思います!!

 もう来週が最終回なんですね( ゚Д゚)。体感的にはまだ第5話~6話位の感覚です。前作の「ウチの夫は仕事ができない」も波がほとんどないドラマでしたが、今作はほとんどどころか全く波がないし、展開も遅いというより初回から全く進んでいない(苦笑)。そのせいかこのドラマに関しては、ほとんどまだまともな感想を書いたことがない気が・・・。

 う~ん、でも面白くない訳ではないんですよ。確かにとんでもなく地味なドラマですが( ゚Д゚)。少なくとも水10みたいな手抜きを感じて、不快に思うことはない。このドラマの制作陣はかなり本気で頑張ってることは伝わってきます。

 でも、中々それが上手くいかなかった。初回ではかなり斬新な学園ドラマにしようとしてた気がするんです。しかし今はすっかり落ち着いてしまった。

 今回のバスケ遠征の借金は一勝するごとに1万円返済扱いとする(だから強くなれ)、学校の様子をブログで更新、夜間説明会。学校の実績アップのアイデア、全部世間では道義的に実践できないだけで、ごくごく平凡なアイデアだと思います。一番アイデアがあったと思うのが、高嶋さんが京明館に転籍するかそれが嫌なら本社に戻れと櫻井校長に迫ったラストだけかなと(笑)。

 このドラマ、例えるなら高校に入って地味キャラ卒業して弾けるぞ!と気合入れてた生徒が段々無理が効かなくなり、結局今は引き続きパッとしない奴として高校生活も送ってる。正にそんな感じだと思います(>_<)。

 最終回は、櫻井校長が京明館に残るのか、そして多部さんとの恋の結末、それだけの回収になりそうです。基本それしかストーリーなかったですもんね(>_<)。さあ、このドラマをどう総括させていただこうか。逆に私的には今から頭が痛いです(苦笑)。

 では今日は今から料理をして、いつも通りアクティブに日曜日をスタートさせます!皆様も良い休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20171209233824j:plain

 

「アシガール」第11話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 日ハムの大谷選手が、大リーグのエンゼルスと契約しましたね(*^^*)。エンゼルスは中堅チームで、他にもヤンキース等の錚々たる球団がオファーをしていたようです。

 しかしその中で敢えてエンゼルスを選んだ理由は、二刀流を大リーグで試せる球団だったから。いいですね、ブランドではなく自分の信念で新天地も選ぶと。正に日本のサムライです!!

 エンゼルスは先発投手不足なので、投手としては問題なくローテーション入りはできるでしょう。後は打撃がどこまで通用するか。なにせ日本人でホームランバッターとして大リーグで通用した選手はいませんからね・・・。あのゴジラ松井ですらヤンキース時代はホームランを封印してましたから。

 しかし私生活もストイックで野球一筋の大谷選手なら、あのベーブルース以来の大リーグ10勝&10HRの快挙を成し遂げてくれるかもしれません。来年の大リーグは要注目です(*^^*)。

 では先程視聴したNHK時代ドラマ「アシガール」第11回の感想をアップしたいと思います!!

 いよいよ来週で最終回。そのためかややペースダウンした印象でしたが、それでも見応えたっぷりの第11話でした。今回は君主として、人の上に立つ人間としての忠清様の魅力全開でしたね(*^^*)。

 単身高山家に乗り込んで唯を救い出した忠清様。しかし羽木家への道のりは遠く、山中を逃げ惑うことに。正に本能寺の変後の徳川家康の、神君伊賀越えを思わせる道中でした。

 しかし疲れと空腹でヘトヘトになる唯を尻目に、涼しい顔の忠清様。不思議そうな唯に対する答えが「先に下々の者を食わせてやらねば。そのために上に立つ者はやせ我慢を身に着けるのだ」と。く~、カッコよすぎる台詞です!!私も一度はこんな台詞言ってみたい(笑)。

 これは正に日本の君主の美徳でしょうね。前天皇陛下も戦時中、部下の軍人達が美味い物食ってる最中、朕は国民と苦難を共にする。そう宣言されて毎日芋やカボチャを食べておられたそうですから。

 そんな忠清様だからこそ、唯は好きになったし、命懸けで守りたいとも思った。そして兄上の成之も遂に忠清様を救うために立ち上がりました。殺されたと思っていた腹心のにょこ坊、ちゃんと生きてましたね( ゚Д゚)。

 屈折していても非情になり切れない兄。成之も魅力的なキャラクターになってきました。最後は忠清様の良き相棒になってくれそうですね( ^)o(^ )。

 そして今回のクライマックスは、その成之を高山の罠から救うための唯の命懸けの行動・・・。最後に撃たれてしまいましたが、大丈夫だったのでしょうか( ;∀;)。とにかく次回は遂に(観たいような観たくないよう複雑な気持ちです)最終回。皆様、来週土曜18:05からしっかり唯と忠清様の行く末を見届けましょうね!!

 では今夜はこの辺で。皆様素敵なサタデーナイトを☆彡

f:id:TOSHIXXX:20171209191408j:plain

 

 

「奥様は取り扱い注意」最終回を観て~総括

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨夜は健康診断だったんですが、体重測定で昨年より2キロ近く太ってしまったんです( ;∀;)。週末15キロも走っているのにって、どうもランニングのお陰で筋肉が付きすぎたみたいで(笑)。筋肉って結構重いんですよね、(;´д`)トホホ。

 では昨夜観た水10ドラマ「奥様は、取り扱い注意」最終回の感想をアップしたいと思います!!

 

 

1.圧巻の最終回~マルチエピソードの最高傑作

 まずは最終回について。前回の第9回も凄かったですが、今回の最終回は更にその上を行きました。ここまでのクオリティのマルチエピソードの回を観たのは、本当に初めてかもしれません( ゚Д゚)。

 広末さんの夫婦のすれ違い、本田さんと中尾さんの問題、そして綾瀬さんと西島さんの裏の顔。それらが複雑に絡み合い、最後は全てを昇華する玉山さん達との対決に。さすがは綾瀬さん。見応え抜群のアクションシーンでした(^^♪。今の女優さんでは間違いなくナンバーワンのアクション女優さんですね。

 そして最後は公安の職員だった西島さんが、綾瀬さんを危険人物だとして銃で撃つという衝撃のラストでした( ;∀;)。これは水10女子には予想外の展開だったのではないでしょうか・・・。

 

2.完全な戦略勝ち。でも総てが「CRISIS」の劣化版

 ラスト2回は本当に凄かった。でも私は春ドラマ「CRISIS」を観てましたから、あの時の金城さんの本気に比べれば今作は半分も労力を掛けていない気がします( ;∀;)。基本全く取材しなくても、このレベルの公安知識なら金城さんは完全に頭に入っているはずですしね。全体としては全然刺さるドラマでは無かったです(@_@;)

 まだ秋ドラマが全然始まっていない10月第一週に、いきなりのロケットスタート。まあ私のようなドラマフリークは当然観てしまいます(苦笑)。そこで手堅く2桁を確保。そこからは中盤の第5回とラスト2回だけ本気の作りで後は手抜き。でも何となく視聴者は最後まで観てしまいました。平均視聴率は最終的に13%も超えれるかもしれませんね。

 でもやはりこのやり方には疑問が残ります。クリエイティブって、創作って要領かましてナンボじゃ絶対にないですよね(>_<)。よくよく考えれば今回の衝撃のラストも「CRISIS」でも同じでしたよね。

 あの時は公安のメンバーが日本の権力者に嫌気がさして最後はテロリストになる道を選び、それがかなりの反響を呼んでました。何だか今作はそのどんでん返しの二番煎じと言われても仕方がないのかなと。

 

3.ホントにこれでいいの水10ドラマ!?

 今年の水10ドラマも中々好調でした。冬の「東京タラレバ娘」が視聴率2位、春の「母になる」が6位(これはアンチ沢尻さんの影響が大きいですかね)、夏の「過保護のカホコ」が2位、そして今回の「奥様は、取り扱い注意」は3位確定と本当に強豪枠の名にふさわしい活躍だったと思います( ^)o(^ )。

 ただ、最近の水10は楽をして平均視聴率2桁を取ることを覚えてしまった。早い時期にスタートでツカミはOK。そして後は基本手抜きで、省エネで、真ん中と最後の数回だけ神クオリティのドラマを作ると。

 この傾向が来年も続くと、水10ドラマも月9のように早晩低迷期に入ると思います。実際今年は上位の常連でも一度も視聴率首位が取れなかった。

 最後の首位は昨年夏の「家売るオンナ」。あのドラマは本当に何回も録画を観る程ハマりました。正に刺さりまくるドラマでした。全話とも伝説的なクオリティのダブルエピソードのドラマでしたから。思えばあの時がピークで、それから水10ドラマのクオリティは落ちてきていると思います( ;∀;)。

 個人的には篠原さんの「anego」以来の水10伝統のお仕事モノがそろそろ観たいです。主婦モノとかもいいんですがそれだと基本取材しなくても脚本家の空想だけで書けてしまいますから。楽だし、やっぱり制作に掛ける熱量が低くなってしまいますよね(>_<)。

 水10ドラマは、まだまだ楽ができる程実績を積んだ枠ではないはずです。その点、あの生徒会長的な暑苦しさと高飛車さが玉にキズの日曜劇場は、いつも本気でドラマ作りをしてますよね。そこはあれだけの歴史と実績がありながらも過去にあぐらをかかずに凄いなと思ってしまうんです。本当にあそこのスタッフは他のどこよりもドラマが好きなんだな、偽物じゃないなって思うんです。

 では今作はまあまあのクオリティでした、そういう総括で(笑)。では今日も一日頑張りましょうね☀

f:id:TOSHIXXX:20171206235218j:plain

 

 

「監獄のお姫様」第8話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 先日の川崎フロンターレの初優勝時に川崎市を捨てた最低なクラブとして紹介していた東京ヴェルディ、今はアットホームなチームになっているというのが気になって色々調べてみたんです。そうすると時代の変化に付いていけなかった、でもそこには信念があったということに気が付いたんです( ゚Д゚)。

 Jリーグ発足前、ヴェルディ読売クラブと名乗っていて、社会人チームしかない中で唯一プロ契約もしていた先進的なクラブだったそうなんです。そして当時からユベントスレアルマドリードみたいな全国区のクラブを目指していたと。

 そこに後から地域密着のJリーグ構想が出てきた。他の企業チームやアマチュアクラブチームは特に確固たるビジョンがあったわけではないので、すんなりその理念を受け入れられたんですが、元々全国区のプロチームを目指していたヴェルディは今更そのコンセプトを受け入れることが出来なかったと。まあ分からないでもないです・・・。その気持ちは。

 要するに前時代で成功し過ぎていたし、プライドもあったために新しい時代の変化に付いていくことが出来なかったんですね。そして日本リーグ時代は歯牙にも掛けない弱小チームだった住友金属鹿島アントラーズに生まれ変わり、レアルマドリードと世界一を懸けて戦うクラブにまで進化した。Jリーグの盟主になった。正にヴェルディは恐竜で、アントラーズは哺乳類。皮肉な現象です。

 夢破れ、親会社の読売グループも撤退。資金難と弱体化でどうにもならずにJ2へ下ってしまったヴェルディ。しかし彼等には遺産がありました。それが日本リーグ時代から定評があった育成組織です。

 今でもJリーグの中では、5本の指に入るレベルなんだとか( ゚Д゚)。ここまで落ちぶれても、なおそんな育成組織を持っているのは凄いことです。女子チームもありますしね。そのヴェルディがこれからも定評ある育成組織を維持していくためのカンパ「緑の未来」を一口3000円で募集していたので、別にファンではないですが私も一口買いました。

 まあ緑色が好きってのはあります。後は何か月9(「民衆の敵」、遂にこの前の視聴率が5.5%にまで落ちてしまいました・・・)もといフジテレビに今のヴェルディの境遇が酷似してて、とても他人事とは思えない(笑)。

 ただね、嫌われ者のヴェルディですからその「緑の未来」、昨年度はたったの80万円弱しか集まっておりません(@_@;)。資金難のため、折角育てた有望選手も他のチームに放出しているらしく、その話も辛いですね(>_<)

 まあいずれにせよ色々サポートしてくれた川崎市をあんな態度で捨てたことはいただけませんが、資金難に喘ぐ今でも、若い世代を育成することにはどのクラブより全力投球。若者の夢は自分自身がどんなに苦しくても応援すると。さすがは初代J王者。その心意気には打たれました!!

 皆様もそろそろボーナスも入るでしょうから、昔のファンだった方とかは、チェーン居酒屋で安酒一回飲んだと思って、是非カンパしてあげてください( ^)o(^ )。リンクはこちらです☟

www.verdy.co.jp

 では前置きが今日も長くなりましたが、「監獄のお姫様」第8話の感想をアップしたいと思います!!

 魔の第8話。でもこのドラマに関しては今回が一番良かった。お笑いは最小限で基本シリアス路線。やっぱりクドカンさん、今はシリアス路線がハマってます。

 今回は特に満島さんと小泉さんの濃密なシーンが良かったです。最後の仮釈放準備寮(そんなものがあるんですね。しっかり取材もしてはります)でのシーンも最高でした。

 好きだから、心を許した存在だから犯罪計画ノートは返さない。ここは刑務所だから再会するわけにはいかない。そりゃそうですよね。どれだけそれが義憤に駆られた純粋な動機だったとしても。

 後は姉御の旦那の高田純次さん、捨てたはずが逆に新妻に逃げられ、正に因果応報でしたね( ゚Д゚)。そして姉御も都合のいい女にはならないとかつての部下に宣言しました。これでいいんです。今の姉御にはもっと守りたい存在があるんですから。

 さあこれでこのドラマも残り2回。ギアを上げたクドカンさんがどこまで上昇するのか見逃せません。実は今日は私健診で朝食抜きなんです( ;∀;)。空腹が辛いですが皆様と頑張ります☀

f:id:TOSHIXXX:20171205233137j:plain