「グッド・ドクター」第6話を観て

  皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 熱戦の続く高校野球第100回記念大会、我らが大阪桐蔭は見事にベスト8入りを決めてくれましたね、VIVA!!

 とは言いつつ、ここまで結構苦戦してますね(>_<)。初戦の作新学院戦は仕方がないにしても、そこからも常に先制されてますからね・・・。それでも何だかんだ言いつつ勝ちきるところはさすがの西谷監督ですけどね(*^^*)。

 これで土曜日は今大会最初で最後の大阪桐蔭の試合を、ゆっくりライブでテレビ観戦できます♪♪相手は浦和学院ですが、ここから先はどこと当たっても強豪しか残っていないので頑張ってほしいです。春夏連覇の道のりは早折り返し地点まで来ました、後半戦も期待してますよ('◇')ゞ

 では先程観た「グッド・ドクター」第6話の感想をアップしたいと思います!

 今回も神回でしたね( ;∀;)。後半に入っても失速するどころか、逆に一段ギアが上がったところが本当に素晴らしい。流石はドラマ界の古豪、木曜劇場ですよね!!今回は初めてデュアルエピソードに挑戦していましたが、全く破綻はなく、あっと言う間の1時間でございました(*^^*)。

 まず前半は何と云っても山崎さんの実の父親との再会。まあ再会と云っても金をせびりに来ただけなんですが(涙)、彼がろくでなしになったのも事故で山崎さんのお兄さんを失ったから。これは中々考えさせられる背景でございました。

 しかし本当に山崎さん覚醒してるな!!そう感じたのは、(柄本さんから手切れ金をもらったために)レストランでの約束をすっぽかした父親に山崎さんが追いすがるシーンでございました。

 「お父さん、お父さん!!」そう呼び止める山崎さんの自然な演技には、本当に胸を打たれました。このドラマで本当に山崎さんの演技力は、数段レベルアップしてますよね(*^^*)。

 そして後半はいつもの外科手術。今回は不妊に悩んでいた高齢出産のお母さんと赤ちゃんを救うためのEXITという難手術でした。

 母体を優先したい夫と何としても我が子を産みたい妻との葛藤。そしてお約束の手術場でのピンチ。その危機を乗り切ったのは今回も山崎さんの的確な観察力・・・ということで母子とも無事生還で、手術成功後の感動シーンもばっちり。ということで半ばお約束?の展開を今回も見せてくれました(*^^*)。

 しかし理事長の中村ゆりさんが遂に病院の身売りを選択、更には院長の柄本さんが末期がんという衝撃の展開・・・。次回以降も見逃せません!!もうこの出来なら、後はTBS火曜ドラマとの頂上決戦の行方にも注目したいですね(*^^*)。

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180816233055j:plain

 

「高嶺の花」第6話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 今日は終戦記念日でした。今日の日本の繁栄は、私達の祖父母世代が必死の思いで復興に励んでくれたおかげ。そのことには勿論感謝するんですが、やはり本土決戦を主張する軍部を押さえて終戦を選択された、昭和天皇のご決断も大きかったですよね。

 もし日本がポツダム宣言を受託せず、本土決戦に突入していたら連合国のダウンフォール作戦で日本は壊滅していたでしょう。それこそあの原案を見る限りでは連合国は忌々しいイエローモンキーを根絶やしにしても構わない、それ位憎んで差別していました。

 陛下のお陰で日本は救われた。命乞いをしなかったことによりGHQマッカーサー元帥に深い感銘を与え、食糧援助を受けることも出来た。

 今の日本は少子高齢社会と異常気象に苦しんでいますが、あの敗戦に比べればなんてことはないはず。改めて先人に感謝すると同時に、これからの日本にしっかりバトンタッチをしていけるよう、頑張らないとと気を引き締め直した次第でした('◇')ゞ

 では先程観た「高嶺の花」第6話の感想をアップしたいと思います!

 今回が一番マシでしたかね(*^^*)。と言いますのは、やっぱり野島さんと云えばストーリーテーリングの名手で、今回はそのどんでん返しが初めて鮮やかに示されていたからです。

 石原さんが運転手の升さんの娘であるということは周知の事実でしたが、それは石原さんのずば抜けた華道の才能を家元の小日向さんが見込んでのことだと思っていました。でも実際は違ったんですね。

 小日向さんの真意はあくまでも実の娘の芳根さんを次期家元にすることで、石原さんは噛ませ犬でしかないと。成程、そういうことだったんですね。

 だから石原さんはおよそ感情移入が出来ないレベルのガサツな女性で、芳根さんはその対極をゆくエレガントな女性だったんですね( ゚Д゚)。石原さんは何か観念的というか、作られたキャラクターという不自然さが全開なんですが、芳根さんの方は自然でいいですね(*^^*)。

 当初は「海月姫」の月海ちゃん効果で、どうも今回のお嬢様役は好きになれなかったんですがね。どんどん良くなってます。峯田さんとのちゃぶ台のシーン、石原さんより全然良かったです(笑)。

 まあ今回の最後は超劣化版「卒業」で失笑物でしたが、和製ホフマン?の三浦さんと石原さんはこれからどうなるんですかね。

 他にも一応マルチエピソードなので、芳根さんと千葉さんの関係、そしてバンドウイルカ大吉さんと引きこもり少年のエピソード。正直ほとんどどれもどうでもいいんですが(苦笑)、野島さんがこれからどう料理していくのかしっかり見届けたいと思います(*^^*)。

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180815233253j:plain

 

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 気が付けば夏クールも早くも後半戦に( ゚Д゚)。先日で「この世界の片隅に」も平均視聴率1桁に転落(>_<)。これでまだ2桁を維持しているのは、4作品となりました。

 その中で注目なのが、現在首位を快走中のTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」。綾瀬はるかさんを迎えた話題作で、中盤以降、伝統の後半視聴率爆上げ現象も久々に発動!!

 これはTBS火曜ドラマ史上初の、平均視聴率首位獲得が濃厚になってきましたね(*^^*)。正に下克上、ドラマ界の歴史が大きく変わる予感です!!久々の快進撃を続ける木曜劇場「グッド・ドクター」にも頑張ってほしいですが、ちょっと今回はTBS火曜ドラマの勢いには勝てそうにないですね。

 まあそうは言いつつ、高視聴率にあぐらをかいてすっかり手抜き&マンネリの日曜劇場とテレ朝木9を、この2枠が打ち負かしてくれそうなのは実に痛快!!これから最終回に向けて頑張ってほしいですね( ^)o(^ )。

 ではこちらも久々のヒットで、1年ぶりの平均視聴率2桁が見えてきた月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話の感想をアップしたいと思います!

 あらら、私的にはがっかり(>_<)。この犯人は禁じ手ですよね( ;∀;)

 もうネタバレで言ってしまうんですが、犯人は平田満さんでした。実は前回の感想のラストで、平田さんが犯人でしたはやめてくださいねって言ってたんですが( ;∀;)。微妙に犯人を当ててしまってました。これでTOSHIXXXのミハンシステムも、信用できるということでよろしいですか(笑)。

 何故平田さんが犯人だとガッカリなのか。今回は書き手の立場から触れたいと思います。

 要はトカゲの尻尾切りなんですよ(>_<)。一番地味で、別に固定ファンもいない。つまりは今回で平田さんお疲れでした!!っていう展開でも別にキャスティング的にはダメージが一番少ない。まずその点が業界事情全開でサムいですと。

 そして次はミステリーとしても二流だということ。これね、沢村さんはないにしても、もし犯人が伊藤淳史さんだったら私はかなりの高評価を進呈したかったんです(>_<)。色々と伏線も(25年前の事件の被害者ですしね)張ってたし、後は彼がいなくなった後、どう残ったメンバーがミハンシステムを守っていくのか。その後半戦にも期待が持てましたし。

 平田さんの婚約者のエピソードなんて、前回まで微塵も登場しなかったでしょ?はっきり言って平田さん犯人の伏線なんて何もなかった。まあ今回初めて出てきた人物が犯人だというのが一番最低ですが、その次にこれは残念な結末ですね・・・。

 最後は自殺して、あの家入さんのドマイナー曲で力技の悲劇的ラストにしちゃうのかな。そう思ってたらやっぱりそのまんま(笑)。興ざめですよ、ホントに。

 私みたいなアマチュアの日曜作家に何もかも見透かされて、脚本家の皆さん(全部で3人位いますよね?)は恥ずかしくないんですか!!

 今までのミステリードラマで、一番唸らされたのは木曜劇場の「眠れる森」。まさかの仲村トオルさんが犯人でしたが、実はOPの映像にまでしっかりメッセージが示されていた。

 脚本の野沢尚さんは創作に行き詰まり、最後は自殺されてしまいましたが、あの方の書く脚本は(江戸川乱歩賞作家でもありましたよね)本当に素晴らしかった。文字通り命を削って書き上げていた。今でも心よりリスペクトしています。今のドラマはほとんどがオリジナルですらないのに、野沢作品の足下にも及ばない。

 今の脚本家はレベルが本当に落ちている。もっと、真剣にモノづくりに向き合ってほしいです。お金貰ってるんでしょ?それができないなら他の仕事して、後は余暇に趣味で創作しててください。それが今回一番感じたことでした(>_<)。

 とは言いつつ、後半はいよいよミハンシステムが活躍するようで目が離せなくなりそう。何だかんだ言っても私は月9ファンのオジサンなので(笑)、とにかくこのまま視聴率2桁死守には期待してますよ!!

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180813223843j:plain

 

「この世界の片隅に」第5話を観て

 皆様、こんばんは。TOSHIXXXです。

 昨日も今日も熱戦続きだった第100回甲子園、仙台育英高校大阪桐蔭がリベンジする間もなく浦和学院に完敗してしまいましたが、今日は何と云っても済美13✖ー11星稜戦が神試合でございました(*^^*)。

 しかしこれは半分以上、星稜の林監督の采配ミスですよね(>_<)。松井さんも一年下の林監督に「心配なのはお前だけだ」と冗談を言ってたらしいですが、正にそれが的中・・・。ネットでも余力を残して散った星稜は残念過ぎるとの声が溢れておりました。

 またしても最高のグッドルーザー、星稜の看板を下ろすことは出来なかったですね~。個人的には今回の星稜は、かなり応援していましたが( ;∀;)。

 まあこれで心置きなく大阪桐蔭を応援できます♪♪明日は沖学園戦。西谷監督のことですから、明日もしっかり「ウサギを仕留めるのにも全力を尽くす百獣の王、ライオン」大阪桐蔭魂を発揮してくれることでしょう!!

 実はもう一つの大阪代表、近大付は誰にも気付かれることなく、いつの間にか初戦敗退してるんですが(苦笑)、我らが大阪桐蔭の2度目の春夏連覇に大いに期待したいですね(*^^*)。

 では先程観た「この世界の片隅に」第5話の感想をアップしたいと思います!

 これはどうしたことか、確変です。突然面白くなっていましたね( ^)o(^ )。

 まずは水兵さんになった幼馴染の水原さん。突然すず!なんて呼び捨てで松本さんの嫁ぎ先にやってくるなんて非常識にも程がある!!そう言いたい所ですが、死を覚悟した任務のために、いてもたってもいられず松本さんのところに来てしまったわけなんですね。

 ちょっとそれって現代的すぎない?そういう意見もありそうですが、私は非常にこのエピソードが刺さりました!!松坂さんと二階堂さんのことでモヤモヤしていた松本さん。まあすんでのところで過ちは起きませんでしたが、少し水原さんに撫でまわされたりしたことも「嫌ではなかった」と正直に告白。

 いいんじゃないですか?今の主婦の不倫の横行みたいな話は、正直女性の堕落を感じざるを得ないんですが。これ位の嫉妬はあっても当然。実は戦前から女性の離婚と再婚はそこそこあったようですからね。

 水原さんもお兄さんのように戦死してしまうのでしょうか(>_<)!?何か切ないですけど、凝縮された人生。大義のために死に、心の中では思い人が最期まで寄り添ってくれる。こういう人生は美しいですよ。

 私も本編の車のCMみたいな友人同士でサーフィンして、バーベキューして「私は好きなこと我慢しない♪♪」とか言ってる美人のリア充だったら絶対死にたくない!!ってなるんでしょうけど(笑)。

 生きてること、孤独であること、何より人と会うのが苦痛なの(エンパスっていうらしいですね!?)本当にしんどいですね。劇中で松本さん以外の家族が全員風邪でダウンして寝込んでいるのが、何故か楽し気に見えた(笑)。

 命を粗末にするなと言われますが、それはリア充だったり守るべきものがあるからであって。暇つぶしみたいに生きる人生は中々キツい・・・。まあそれでも明日からまた仕事頑張りますけどね(*^^*)。

 では今日はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180812224330j:plain

「dele」第3話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 お盆になりましたね。全国の主要高速道路と新幹線は全て帰省ラッシュ。皆様も同じですかね?

 私はこの地で過ごします(笑)。大阪は6月までしょっちゅう帰ってましたから。FP2級の勉強をしながら、のんびり高校野球でも観て過ごそうと思っています。

 では先程録画で観た「dele」第3話の感想をアップしたいと思います!

 面白かった。個人的には過去2回より一段上の話だと思いました(*^^*)。

 まず、このドラマ全般に言えることなんですが、ストーリーがシンプルなのがいいですよね。頭に入ってきやすい(笑)。

 今回は冒頭で、温厚そうな初老の男性が菅田さんにバラの花束とデータを削除した後のコピーを、ある女性に渡してほしいとの依頼を受ける場面からスタート。写真館を営むその男性はその後、海に飛び込み自殺・・・そんな幕開けでございました( ゚Д゚)。

 ある女性とは余貴美子さん演じる同じ町の理髪店の女性店主。二人の関係を調べていくうちに衝撃の事実が!!何と理髪店の女性は元過激派テロリスト犯の恋人で、今も逃亡中の彼の資金援助をしている。そして写真館の店主は公安の協力者でずっと彼女を監視している・・・そんな真相でございました。

 ただその監視の日々は決して刺激的なものではなかった。普通のサラリーマン生活よりもずっと平穏で、ある意味退屈なものでした。時代が変わり、もう過激派の思想になんて誰も共鳴しない。その後起きたオウム真理教のテロ犯ですら全員処刑されて、今では欧州で猛威を振るうイスラム過激派のテロが警戒されているんですから。もう一昔どころか、3世代位前の感覚。

 協力費として振り込まれていた月3万円という微妙すぎる金額が、もうこの案件がただ過去の惰性で申し送りされていたことを裏付けていました(>_<)。

 しかしとうとう公安が監視を打ち切ったことで、生きる意味を失った写真館の店主は自死を決意した・・・。心が完全に折れてしまったんですね、泣けます( ;∀;)。

 しかし余さんとテロ犯はまだつながっていた。最後に、数十年前にテロを起こした公園で彼女が警察に通報。よぼよぼになった逃亡犯は逮捕、そして余さんも警察の人間に伴われ、姿を消します。

 その最後の場面で菅田さんが余さんに渡したSDカード(その中には監視していた情報が収録されていました)と5本のバラの花束。バラには本数にそれぞれ意味があるということですが、山田孝之さんがチョイスした本数は5本でその花言葉は「貴女に出会えたことの心からの喜び」。く~、菅田さんも言ってましたが、山田さん、クールで早口なキャラながら中々のロマンティストですよね(*^^*)。

 という訳で、上質の短編映画のようなクオリティだった第3話でしたが、今回は淘汰されていく旧きものに対するメッセージが込められていました。

 まず写真館はデジタル化の進展で、もはや続けていくのが困難な商売。そして余さんの理髪店もしかり。さりげなく盗聴されていた会話の中に”近所に1000円カットの店ができたからキツイな~”みたいな台詞が登場していました(>_<)。

 やはり我々は人工知能を軸とする次世代の生活に、対応できるようにしておかないといけない。さもなくば原因は異なれど絶望し、あの店主のように海に飛び込むことになるかもしれない・・・。そんな危機感を忘れずにいましょうね!!

 では今日はこの辺で。皆様、家族水入らずの時をお過ごしくださいね☀

f:id:TOSHIXXX:20180811075606j:plain

「グッド・ドクター」第5話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 今夜、久しぶりにアンビリバボーを観たんですが、米国本土を唯一爆撃した日本軍パイロット、藤田信雄さんの人生を放送していて非常に感銘を受けました(*^^*)。

 1時間の中で垣間見えた様々な感情。詳細は是非実際にご自身で確認してほしいのですが、たった一つの約束のために生き、最後にそれを叶えることが出来た。そして日米友好という崇高な目標に向かって小さな種をまいた。これは素晴らしいことだと思います。

 やっぱり孤独な人生は良くないんですね。いや、孤独でもいいんです。一番ダメなのは依存して生きているのに孤独な状態。それはつまり私のこと。孤独でもテレ朝の「ハゲタカ」の主人公鷲津氏のような男なら、それでもいい。まあ孤独と孤立は全然違いますよね(>_<)。

 私も藤田さんの爪の垢でも煎じて飲むつもりで。今やってることはすべて自己満足で(このブログも)誰からも必要とされていない存在。本当に惨めです。

 でもそれならせめて庇護されている自分は最低だ。代わりが幾らでもいる会社で幾ら頑張ってもそんなこと何の価値も無く、ましてや養う家族もいない自分の人生なんて何の誇りもない。そのことを噛みしめ、一刻も早くそういう自分と人生から抜け出せるように頑張っていきます。

 では先程観た「グッド・ドクター」第5話の感想をアップしたいと思います!

 山崎さんの演技も安定。前作「モンテ・クリスト伯」同様、毎週楽しみな作品となりました(*^^*)。今回も文句なしの神回でございました( ;∀;)

 今回の天才ソプラノ少年のお父さん役は三浦誠己さん。モンテクリスト伯の執事、土屋さん役でお馴染みでしたが、今回は全く別のステージパパを熱演していましたね('ω')。

 そして天才ソプラノ少年を演じたのは城桧史さん。あのパルムドール作品「万引き家族」出演で注目されていましたが、音楽ユニットでも活躍していて物凄い歌唱力!!またまた将来が楽しみな俳優さんが登場しましたね(*^^*)。

 しかし入院中の(歯抜けの)りんたろう君には癒されますよね~。HIBIKI君にお楽しみ会のチラシを破り捨てられても、仲良くなろうとこっそり会いに行く。そして喉の炎症を起こしている彼のことを心から心配している。子供達の無垢な感情と感性こそがこのドラマの宝物ですよね(*^^*)。

 その理由はりんたろう君は何よりHIBII君の歌声にいつも励まされていた。生きる希望を授けられていた。だから一緒に合唱をしたかった。でもその当日にりんたろう君の白血病が再発してしまい・・・。舞台は暗転してしまいます。

 そんなりんたろう君のために山崎さんが中心となって、彼のために皆で合唱した。勿論HIBIKI君も。あの時子供達皆で歌っていた「365日の紙ヒコーキ」。歌詞が心に染みました( ;∀;)。

 色々守銭奴と言われながらも、やっぱり秋元康さんは凄い人なんだ。日本屈指の刺さるクリエーターなんだ。あのシーンに号泣しながらも、私にはそんな秋元康リスペクトが再燃しておりました!!

 心から誰かに自分の歌声を届けたい。そんなHIBIKI君の姿にようやく三浦さんも初心を取り戻します。そして息子の手術を選択。遂に山崎さんも手術室への入室を許され、無事手術は成功!!HIBIKI君の歌声は守られることとなりました。VIVA!!

 上記エピソードだけでもう充分でしたが、藤木さんが山崎さんに辛く当たった理由も遂に明かされていましたね( ゚Д゚)。

 自閉症だった弟を無理に車の整備工場に就職させ、それが結果的に彼の適応不安を呼び起こし(完全にDQNっぽい同僚にイジメられていましたね)、踏切に飛び込む惨事につながってしまった。そのトラウマから山崎さんを同じ目に合わせまいと。そういうことだったんですよね(>_<)。

 でも人生って同じような場面が巡ってくることは良くある。でもそれは確実に前とは違うんです。そして今度は上手くいく場合が多い。

 例えば先のロシアワールドカップ。前回はコテンパンにされたコロンビアに今度は勝てたじゃないですか。他にも秋元さんのおにゃん子が短命だったのにAKB46が長期人気になった。後はHIROさんのZOOとEXILE

 枚挙にはキリがありませんが前がダメだったから今度もダメ。人生においてそんなことはないし、少なくとも私はそうでないと信じていたいです。(私の人生は約8年、まだずっと止まったままですけどね・・・)

 だから山崎さんを一人前の医師として認め始めた藤木さんの行動が、私には嬉しかったですね(*^^*)。今度は上手くいきますよ。弟を亡くした藤木さんとお兄さんを亡くした山崎さん。ピッタリパズルはハマるはず。山崎さん演じる湊先生は本当に芯が強い。その信念と真っすぐさが我々視聴者の胸を打ちますよね( ;∀;)。

 山崎さんが小児外科に残れて本当に良かった!!人生とは本来ドラマティックでロマンティックなものである。そのことをこの作品で再確認していきたいですね。

 さていよいよこのドラマも次回から後半戦。山崎さんを虐待していた(お兄さんも死に追いやった?)ろくでなしの父親登場で、このドラマ最大のクライマックスを迎えそうな予感( ゚Д゚)。引き続きこの作品から目が離せないですね(*^^*)。

 では今夜はこの辺で。皆様、よい夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180809231847j:plain

 

 

「高嶺の花」第5話を観て

 

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 連日取り上げている第100回高校野球高知商に続いて金足農も見事に初戦を突破しましたね(*^^*)。県立の古豪が大活躍でございます、VIVA!!

 みちのくのドクターK。その通算何人目なんだという耳タコフレーズ(笑)の吉田投手ですが、3段階でスピードを調整する中々クレバーな投手のようですね。

 秋田県はかつて10年位初戦敗退を繰り返すなど、決して野球強豪県ではありませんが、しばしば確変で甲子園を沸かせる投手を輩出しますよね( ゚Д゚)。

 古くは秋田経済法科大附属(現明桜)の中川投手、少し最近では能代商(現能代松陽)の保坂投手など。

 吉田投手も早くも今年のドラフトの目玉との評価が!!次回以降も高知商共々頑張ってほしいですね(*^^*)。

 では先程観た「高嶺の花」第5話の感想をアップしたいと思います!

 前回ラストで遂にベッドイン。初めて二人が結ばれた次の日の朝からのスタートでしたが、今回はのっけからあのエルビスさんの古い曲が大音量(>_<)。

 30代未満はさすがにもう誰も観てないやろな、寒すぎ、キモすぎ、うぇ~という感じだったんですが、そこからはするする観れました。時間が経つのも早かったですが、これは要は単に今までで一番マシだっただけだと(笑)。

 今作では野島伸司さんなりのマルチエピソードを展開していますが、それら一つ一つが恐ろしく凡庸。それなのに無理に鬼才ぶりを出そうとするから、逆に滑稽になっちゃうんですよね(>_<)。

 自転車で日本一周中の引きこもり少年と出会った博多華丸さん。役柄は坂東さんであだ名はイルカ。何故ならバンドウイルカでござーい!って,こんなギャグではホンマに野島さんペンペン草も映えませんでと( ;∀;)。

 まあ小ネタはスベりまくりですが、いきなり峯田さんが石原さんの実家に挨拶に行くなどかなりのハイペースで本編は進んで行きました。そして自分がハメられたことを知った元婚約者の三浦さんがまさかの小日向さんを襲撃!!因果応報と小日向さんが呟くもその言葉もまだ早すぎるのではないかと(苦笑)。

 さあ次回は更に話が進んで二人の結婚式になる模様( ゚Д゚)。そこでどうも石原さんが自分の意思で逃亡して罪の意識を背負う、そんな展開のようですね・・・。

 やっぱりですね、基本的に華道には門外漢の、野島さんが脚本書いているのがかなり苦しい!!いくら大家とはいえど、もうロクに取材もしないで頭の中でこねくりました作品で高視聴率なんてことは無理な時代になってしまってますね( ;∀;)。

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180808232513j:plain