「奥様は、取り扱い注意」第8話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 今日は勤労感謝の日、皆様はこの祭日どこかへ出かけはるんですか?私もちょっと、小旅行へ出ます。え、行先はどこかって?それはですね、自分の心の中の世界・・・。

 という訳で、昨日はこれから感想を書く水10ドラマを観ながら筋トレして、ビールを飲んで寝ました。そして夜も明けきらぬ内から起きて、「心霊婚活」のラストスパートに入っている次第なのです('◇')ゞ。

 会社の人には今日は冬眠すると言いましたが、勿論そんなことできる程暇ではありません(笑)。切なさ、胸キュン、優しさ、そして愛。愛は男女の愛もあれば親子の愛もあり、そして友情も・・・。とにかく全部もっとぶち込みたい!!とにかくこれから四日間が最後の大勝負。今日はとにかく加筆しまくります。

 思えば、いつも何か他の活動が並行して入っていましたのでね。「心霊婚活」一本に打ち込むことが出来なかったんです( ;∀;)。でもようやくその時が来ました!!まあ小説の世界に入り込めるのもほんのわずかな期間ではありますが、この時期を無事迎えられたことに感謝しつつ、今日はじっくり書き進めていきます!(^^)!

 では取り合えず昨夜観た日テレ水10ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第8話の感想をアップしたいと思います!!

 典型的な中だるみ(>_<)。一言で云えばそれに尽きる第8話でした。というか、全般に渡って金城さんが本気を出してないことが丸わかりの本作です。

 正にマーケティングして作ってる、そんな感じのドラマですね。それっぽい音楽流してそれっぽいストーリー展開で、何となくお茶を濁しているというか。

 金城さんのバイオレンス要素、「精霊の守り人」でお馴染みの綾瀬さんのアクション、そして水10女子が好みそうなハイソセレブな舞台とBGM。それらの寄せ集め。全てが予定調和。これで視聴率2桁を手堅く取りに行こう。それが丸わかりのドラマ(まあ見事に平均2桁は軽く超えそうですが)ですね。

 今回は感想が書きようがないほど、全く刺さりませんでした(>_<)。無理やり一話分ひねり出した感が満載・・・ホントに残念です。

 盗聴器だけでも充分水10ドラマならインパクト大だろって、それなら金城さん、水10らしくもっと登場人物をディープに描かないと・・・。

 殺し屋に襲われた西島さんも大してケガをしていないことに目ざとい人(勿論私もです!)はすぐに気付きましたよね。まあ多分最初の方から彼もどこかの国の諜報員なんだろうなとは思っていましたが。これもはっきり言ってそのままです。

 後2回なんですかね?ストーリーの展開が異様に遅い&ドラマ開始が異常に早かったため、全11回になるのかもしれないですが、次回からはようやくクライマックスで話が盛り上がりそう。そこに期待したいですね。

 では、紅葉を見に行く方は暖かい格好で。美しい景色を楽しんできてくださいね。私もイメージの世界を旅してまいります('◇')ゞ

f:id:TOSHIXXX:20171122232737j:plain

 

 

 

「監獄のお姫様」第6話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 私、最近ある女性にハッとする一言を言われました。それは「誰かをいいなと思う時は羨ましいと思うのではなく、あやかりたいと思うようにしている」ということです。

 思わず胸を突かれる言葉でした。そして自分のことを鑑みました。

 私にもそういう気持ちが欠けているなと。明らかに他の人より努力してるのに普通の生活以外に何も努力していない人とほとんど変わらない、下手をするとそんな人にも負けている人生しか送れていないのはきっと心が曇っているせいなんだと。

 憧れ、それは素敵な感情です。あやかりたい。そう考えた時にまず現世に生きる方で最初に浮かんだのはBUCK-TICK櫻井敦司さんですね。私にとってのカリスマはヒムロックでもYOSHIKIでも奥田民生でもなく、やっぱり櫻井さんなんです。

 今月のライブで間近でその姿を観て、鍛え上げられた肉体と、年齢のせいもあり最後は一曲ごとに水を飲んでいたのにアンコールを4回もやってくれたのにはホントに涙が出るほど感動しました。ストイックなデカダンス。それを体現できている方は今の日本では櫻井さんとBUCK-TICKのメンバーだけだな、そう痛感した夜でした。

 後あやかりたい人といえば、私の遠いご先祖様もそうなんですがその話はまた後日に。後はその言葉を口にした女性は決してイケてない人ではなく、明るく、ガッキーと佐野ひなこを足して2で割ったような容姿の、華やかで美しい方だということはお伝えしておきます(*^^)v

 では、昨日観たTBS火曜ドラマ「監獄のお姫様」第6話の感想をアップしたいと思います!!

 う~ん、もう完全にクドカンさん、自分の世界に逃避してしまっていますね( ;∀;)。そしてやはりはっきり言わないといけないですが、もうクドカンさんのお笑いのセンスは通用しなくなってます。

 今回も小ネタの全てが、古く、全然笑えない。サムいどころか痛い。もうクドカンさんは三振を取れるだけのキレを持つボールは投げられないんだな。そう感じて少し寂しかったです( ;∀;)。

 だから敢えて一度クドカンさんにはお笑いを封印した、真面目な脚本を書いてほしいんです。気恥ずかしさから逃げていつまでも道化を演じるんじゃなくて、正面からぶつかってほしいんです。

 今回も再犯で戻ってきたコシャブさんをビンタした満島さんのシーンや、小泉さんに息子のKOUTARO君が送った手紙のシーンとかは刺さりましたからね。こういう路線でびっしり徹頭徹尾やってほしい。そしたらクドカンさんの新境地が観れるんじゃないかと思いました('◇')ゞ。

 まあそれでも今夜の金城さんの水10ドラマよりは、まだこちらの方が面白いですんが(苦笑)。では明日は祭日、皆様後一日頑張りましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20171121235045j:plain

 

 

「民衆の敵」第5話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨日は激闘の天空ハーフマラソン後の出勤で中々キツいものがありましたが、筋肉痛の方はそうでもありませんでした。意外に痛かったのは恥ずかしながら乳首です( ;∀;)

 今もまだ少し痛いんですが、長い距離を(ゼッケンをピンで留めたりするんで)走るとTシャツがこすれて痛くなると。これ結構ハーフマラソン男子あるあるみたいなんです( ;∀;)。事前に知っていれば何かしら対策が立てられたのに・・・まあこれは来年一月の大阪ハーフマラソン(私の中の大会テーマソングは欅坂46の「不協和音」です(笑))でしっかり活かしていきたいです。

 ところでメンタルヘルス・マネジメント検定2級受験、クックパッド新作レシピ久々の人気検索トップ10入り(現在5位まで上昇しています!!)、BUCK-TICKライブ最前列での鑑賞、昇進試験、そして昨日の天空ハーフマラソンと正に11月は怒涛のごとく毎日が過ぎました。何度もお話ししていますが、残るはいよいよ「心霊婚活」の投稿のみ。

 ”TOSHIXXXよ、後10日しかないけどホントに間に合うの?”そう問われたら勿論YESと回答します。もう話は一応完成していて後は加筆修正だけなので。休日も残り3日もありますし。画竜点睛の気持ちで一昨日の日曜日、ハーフマラソンの帰りからしっかり打ち込んでいますんで!(^^)!

 では昨日観た月9ドラマ「民衆の敵」第5話の感想をアップしたいと思います!!

 脚本の黒沢さん、このドラマが始まる前と今では全然印象が違っています( ゚Д゚)。ネットドラマで頭角を現した方だと聞いていたので、プロ野球で云えば25歳過ぎて社会人から入団してくるような、即戦力でもうほとんど伸びしろのない完成された脚本家の方かと思っていたんです。

 それは逆でした。黒沢さんは正にこれからの育成で大化けするかもしれない、高卒ルーキーだったんですね( ゚Д゚)。

 というのは、ストーリーの展開は正に大海原で大舵を切るような豪快さ。まさか今回市長の入札疑惑=汚職の疑惑のために爽やか秘書の望月さん(しかもゲイだった)が自殺するという衝撃の展開になるとは。しかも市長の出直し選挙に犬先派から篠原さんがまさかの出馬・・・。これは豪快です。豪快と言わずしてどんな言葉が当てはまるというのでしょうか( ゚Д゚)。次回第二章以降が俄然楽しみになりました。

 ただやはり黒沢さん、細かいところが実に粗い!!そこがホントに残念なんです( ゚Д゚)。今回の篠原さん、いくら低学歴とは云え、全く更新してないツイッターにいきなり長期休暇のツイートとか、今回の入札疑惑について裏付けもないのに軽々しくツイートするとか、どれだけバカなんだという話です。正直あの逆ギレ号泣市議会議員レベルですよ(苦笑)。

 そういう所を今の目の肥えた視聴者は見逃してくれませんから、ああやっぱり月9は最低。レベル低。みたいな感想になってしまう訳なんですよね( ;∀;)。もう少し篠原さんを地頭のいいキャラにしてもいい、むしろそうじゃないと主人公として共感できないですよね。新米議員とはいえ、いい年したオバサンなのに(苦笑)。

 この部分をいかに修正して波乱の第2章につなげていくか。それでこのドラマの評価は確定すると思います。頑張ってほしいですね('◇')ゞ。

 ではかなり冷え込んできてますが、皆様くれぐれもお風邪など引かれないよう、よろしくです☀

f:id:TOSHIXXX:20171120223151j:plain

「陸王」第5話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨日の天空ハーフマラソン、無事完走できました!!人生初のハーフマラソン完走です( ;∀;)。

 タイムは2時間19分でまあ全然速くはないんですが、平坦なコースがほぼないというとんでもないアップサイドダウンコースだったので、自分としては上出来だったと思います。近所に住んでる会社の後輩が応援に駆けつけてくれて、それも大きな励みとなりました!(^^)!晴天で暖かった天気と同様、感謝です!!後は最後はヘロヘロになりながらも最後までミッドフット着地を貫けた自分も褒めてあげたいです(笑)。

 ただ、手放しで喜んでいる訳ではありません。先日もお伝えしたように私はあくまでも来年1月末の大阪ハーフマラソン(道は平坦とはいえ、世界最速の高速ハーフ。しかも5つもタイム足切りの関門があります)このレースにリベンジすることがあくまでも最終目標なんです( ゚Д゚)。

 今日の出来では後一歩というところ。週末の長距離走は10キロ→15キロに伸ばし、平日は特にタイムを意識した5キロ走とかを繰り返して万全を期したいと思います。

 まあ本格再始動は来月からですね。そこまではいよいよ(仕事以外では)「心霊婚活」の加筆修正に全力を尽くしていきます('◇')ゞ

 では昨日観た日曜劇場「陸王」第5話の感想をアップしたいと思います!!

 今回は面白かったですね。それはこはぜ屋さんが支持されるのが中小企業の判官びいきではなく、モノづくりに対するホンモノ度がどこよりも高いから。そういうコンセプトを明確にしてくれたからだと思います!(^^)!。

 役所さん以下の従業員の本気度が今回も様々な人を動かしました。まず一人が銀行の大橋課長。彼も金融屋としてのプライドを持って業務に当たっていた。だから今回はこはぜ屋さんに協力してくれましたね。

 後もう一人はやはり山崎さんですかね('◇')ゞもうこはぜ屋さんを継ぐべきだとほとんどの視聴者は気付いているでしょう。そして遂に彼もその自覚に目覚めましたね。

 自分を安売りしちゃいけない。それは本当にそうなんです。お金の為だけでは人間働けませんから。だから回り道しちゃってもええやん。この歳になったからこそ若い方に伝えたいオッサン世代からのメッセージです。

 後は、「足軽大将」のエピソードが良かったです!(^^)!日曜作家の私とはしては特に(笑)。何か新しいことに挑戦することで、今まで手がけてきたことにも光が当たる。これって素敵な現象だなと思いました。

 改めて走ること(マラソン)と小説執筆はホントに似た活動だなと感じた日曜日でした。ではかなり筋肉痛ですが(笑)、今日からまた仕事を頑張ります。皆様も一緒に頑張りましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20171119225344j:plain

 

「先に生まれただけの僕」第6話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 さあ、いよいよ天空ハーフマラソンの日がやってきました(*^^*)。7時代には会場に向けたバスに乗ろうと思っております。

 昨日は夕方まで雨だったので、朝は半月分の新聞(最近あまり週末家にいなかったので)をじっくり読み、それからイオンに出かけて買い物(上司が5%割引券をくれました。感謝です!!)をしました。

 その後は少し手抜きで作り置きの料理と弁当を作り、軽く掃除をし、久々に筋トレもして夜になってから市街地を軽く一周(約4キロ)してまいりました(*^^*)。

 正直、不安もあります。しかししっかり走り込んできた自負はありますし、今回はリベンジすべき大阪ハーフマラソンに向けてのプレーオフだと思っているので頑張ります!!天気も快晴。これが土曜だったら雨でホントにキツかったと思うのでその点でもツイてますよね(大阪ハーフの時は小雨でした)。

 新宮市から那智勝浦町まで、熊野灘沿いを走れるのも嬉しい。この街に来て、自分自身が少し成長できました。その街への感謝とその集大成としての「心霊婚活」投稿に気分よく入っていけるよう、今日は新しい自分に出会うための挑戦をしてきます!(^^)!

 では昨夜観た「先に生まれただけの僕」第6話の感想をアップしたいと思います!!

 前回は不覚にも見逃してしまいましたが、オープンキャンパスが好評だったようですね(*^^*)。アクティブラーニングの斬新さも相まって京明館高校への評価も高まってきました。そのためまだ期待値段階のはずなのに、すんなり銀行からの融資も( ゚Д゚)。

 まあ今はマイナス金利の時代ですからね~。丁度今IT化で苦境に陥る銀行のニュースが世間を騒がせていますので、少しでも良さそうな案件があれば融資してくれそうですよね。

 その資金で部活の強化を図ることにした櫻井校長。そうですね、体育コースで強くなって有名になり、それから進学校へというのは最近の私立高校成り上がりの典型例ですよね。近畿地域でも大阪桐蔭高校智辯和歌山高校は正にこの方程式で超進学校になりましたからね~。

 ただ、私立高校の魅力ってやっぱり校風にある、そう思うんですよね。単なる受験予備校としての進学校というのはあまりに寂しい。

 私の母校も私立の、大阪では一応進学校の一角に入る高校ですが、実にユニークな高校でした。例えば毎朝の般若心経読経が義務付けられていて、今でも空で唱えられますし(笑)。

 後は学園長(故人)が創立時より語っていた、徳健財に恵まれた社会人になれ。この言葉が今になって私の核になっています(*^^*)。人徳と健康、そして経済力。その当時は今ほど健康は重視されてなかった気がしますが、時代の先を見据えた教えだったと思います。今でも付き合いの深い友人がいるのも、大学より高校時代の方が多い気がしますしね!(^^)!

 さて段々と京明館の運営が軌道に乗る中、あの櫻井校長の天敵、高嶋さんの娘さんが入学を希望するようですね( ゚Д゚)。終始地味ながらもこのドラマ、おススメです。

 ではこのブログを読んでくれた皆様、是非私にエールをお願いします。「TOSHIXXXよ、今日は鳥になれ!!」と(*^^*)。素敵なサタデーにいたしましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20171118233301j:plain

 

「アシガール」第8話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 本日11月18日がお誕生日という方もおられると思いますが、この日は私にとっても記念すべき日。そうです、生まれて初めて小説を書いた(ノートに書いたものをクラスの友人に回覧しただけですが)のがこの日なんです。1992年11月18日の高校二年生の秋でございました(*^^*)。それ故、今年は執筆活動25周年になっているのです(笑)。

 その時書いた小説は短編でタイトルは「地獄万歳」。ストーリーを要約すると、地獄にやって来た男が他と違って全く責め苦に苦しむ様子を見せない。実はその男はマゾヒストで、気味悪がる鬼に「アンタが女だったらここは天国なのになあ」と語る、そんなオチの作品でした。

 まあイロモノ小説としか言いようのない処女作だった訳ですが(苦笑)、このコンセプトとほぼ同じ内容を私が敬愛する作家の一人、京極夏彦先生が京極堂シリーズ(もうやらないんですかね、大好きなシリーズだったんですが)の「絡新婦の理」の中で書いてはったんです( ゚Д゚)。

 そんな思い出も霞む位時は経ちましたが、とにかく昇進試験も終わりましたので今月末の投稿に向けて、最新作「心霊婚活」の執筆にラストスパートを掛けていきます!(^^)!

 では先程観たNHK時代ドラマ「アシガール」第8話の感想をアップしたいと思います!!

 夏クールに比べてイマイチな作品ばかりの秋クール内では、断トツのクオリティの今作ですが、またまた神回が来ましたね!(^^)!。今回強く感じたのはやはりスタンダードって素晴らしい。作り手は王道から逃げちゃいけない。そのことでした。

 唯と忠清様の純愛が最高潮に燃え上がった第8話。やっぱり少女漫画はこうであってほしいなと思うシーンの連続でした♪♪

 兄成之の陰謀を暴こうとして逆に窮地に陥った唯。忠清に助けられもう危険なことをするなと窘められますが、その時に遂に今作一番の神台詞が出ました。

「私は忠清様をお守りするのが仕事だから。だって私は忠清様専属のアシガールだから」 

 出ました!!アシガール( ;∀;)。そうなんです、唯は唯一無二のアシガールなんですものね。今更ですが、足軽じゃなくて、アシガールですから。それも愛する人だけのために戦い、そして駆け抜ける。

 それからフク姫の所に夜出かけるのはやめてほしいと唯が涙するシーン、それは彼女に人違いだと告げるためでやましいことは何もなかったと忠清様が答えるシーン、これも王道少女漫画の演出でした(>_<)。個人的にはフク姫、俗っぽくて結構好きです。大阪時代にはああいう人、周りに沢山いましたから(笑)。

 やっぱりこういうピュア路線がいいんですよね~。最近はセフレのいる○○君を好きな私の純愛・・・みたいなTBS火曜ドラマの原作っぽい少女漫画も人気ですが、やることやってでも心は純愛♡みたいなことやられても正直サムいなあというのはあります。幾らオシャレ感を満載させても例えば「失恋ショコラティエ」みたいなのは決してスタンダードではないと。

 大人になれば嫌でもそういう現実に浸かっていきますから( ;∀;)。だからせめて少女漫画位は夢を見せてほしいな。私はそう思います。

 そしてクライマックスの二人の別れのシーンが、文句なしに最高でしたね!!もう戻れないことを唯に隠して現代に送り出す忠清様。そなたと会えて良かった。そなたのことは生涯忘れないと。そして唯も忠清様に好きだと告げるんですが、その言葉が響く前に姿が消えてしまうと・・・もうお約束過ぎる展開でしかないんですが、やっぱり最高だなと感じた第8話でした!(^^)!。

 次回予告で早くも唯が戦国に戻ってきてましたが(笑)、このドラマ、最後までやっぱり目が離せませんね。それでは私は明日の天空ハーフマラソンに向けて最後のランニングをしてきます(^^♪皆様も素敵なサタデーナイトを☆彡

f:id:TOSHIXXX:20171118192509j:plain

 

 

「民衆の敵」第4話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 今年の紅白歌合戦の出場者が発表されましたね(^^♪。実は私は誕生日が大晦日の12月31日でして、親族にこの歌合戦はお前のお祝いやと言われて育ちました(笑)。ついでにいつかメジャーな作家になり、紅白の審査員になるというのが生涯の夢の一つでございます(*^^*)。

 さてさて今年のメンバー、紅組は我らが欅坂46が貫禄の2年連続2回目の出場、乃木坂46とAKB48も当然のように出場ですね!そんな中久々のK-POPグループTWICEが初選出されましたが、こちらには要注目です。

 今年一緒にA-PINKを観に行った会社の同僚が、次に是非観に行きたいと言ってるのがこのグループなんです( ゚Д゚)。私的には正直今まで日本でヒットしたグループに比べて、曲のクオリティがイマイチだと思ってたんですが、日本デビューシングルの「ONE MORE TIME」は中々キュートで一気に好きになりました(^^♪

 白組の方はこのブログの「刺さるコンテンツ」シリーズの記念すべき第1回でも取り上げた竹原ピストルさんが、予想通りの初出場。勿論歌う曲は住友生命のCMでお馴染みの「よーそこの若いの」一択だと思うんですが、この曲の歌詞は本当にレベルが高いとブログでもご紹介しましたので、是非紅白からの広がりを期待しております(*^^*)。

 では先程ようやく録画を観た月9ドラマ「民衆の敵」第4話の感想をアップしたいと思います!!

 第4話にしてようやく登場人物を上手く使うことが出来ました。前回までは特に同期の市会議員が高橋一生さん以外ほぼ空気だったんですが、今回は千葉雄大さんに前田のあっちゃんもかなりフィーチャーされてましたね(*^^*)。

 今回のテーマはこども食堂でした。いいですね、こども食堂。私もいつか今以上に仕事で活躍しつつ、空いてる時間で子ども食堂でボランティアできたら最高なのにな、そんなことを夢想しております。

 まあ今住んでるところはホント田舎ですから、家庭や地域のセーフティーネットはしっかりしてるんですが。今は料理の腕をあげとくことですかね、私的には。

 そうそう先日紹介した私のクックパッド最新レシピ「タラのムニエル秋キノコソテー添え」が久々に人気検索のトップ10入りを果たしたとお伝えしましたが、現在6位まで上昇しております(*^^*)。ただカテゴリーが「タラのムニエル」ではなく何故か「キノコソテー」になってるのが玉にキズですが(笑)。

 一時は篠原さんの独り相撲で閉鎖になったこども食堂、最後は市議会全会一致で見事に市政の一環となりましたね♪♪前回のKAZUMA君もこの食堂での活動をきっかけに立ち直れそうですよね。

 ただ奇跡の超党派合意のからくりが、篠原さんの決死のお願いだったとは(笑)。まあ古田新太さんは自分の派閥のボスなんだから協力してくれるんでしょうが、あまりにヒネリが無さ過ぎ・・・。仕方がない。何と云っても黒澤さんはこれからの月9を、フジテレビドラマの期待の新人さんですので、これは今後につながる粗削りさだと思ってましょう。

 後は、議案を作成していた千葉さんにあっちゃんがハンバーガー差し入れてたシーン、基本ドライなやり取りながらもあれは胸キュンシーンでしたね(*^^*)。基本、あんな風なシーン、ドラマではお約束ですが現実ではあまりないかと・・・。少なくとも私、TOSHIXXXの41年の人生の中では一回もございません(苦笑)。

 このドラマ、クオリティ的には「コードブルー3」よりも上、今年の月9ドラマでは一番の出来だと思います。視聴率は最低ですが私は来週以降も楽しみに観ますよ!!では今夜も皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20171116213517j:plain