「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第7話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 今年は平穏な出だしだな・・・そう思っていたんですが、今夜今年初の大地震が(>_<)。しかも2月の北海道の夜って、かなりヤバいですよね・・・。

 幸い大きな被害は起きていないようです。特に慌てて外に飛び出した方が誤って凍死なんてことが起きないように、地元自治体・消防の皆様は大変だと思いますがよろしくお願いいたします('◇')ゞ。

 それでは先程観た木曜劇場「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第7話の感想をアップしたいと思います!

 後半に入ってからかなり面白くなってきた本作。最初はダークな展開が目につきましたが、今はそれも薄れ、今回は本当に女性のために闘う弁護士というテーマに寄り添っていたと思います。爽やかな印象が残りましたね(*^^*)。

 とはいうものの展開はかなり二転三転。最後までドキドキの展開でございました( ゚Д゚)。

 水川さんの敬愛する大学時代の先輩が、決済アプリ会社のペイグッドの不祥事の責任を取らされそうに。色々と会社のブラックな実態を炙り出して社長を追い詰めますが、大手企業マネークに社長辞任前に会社を売り渡し、まさかのうっちゃり!!水川さんは窮地に追い込まれます。

 しかし会社売却の見返りに受けたマネーク子会社の株が大暴落し、結局ペイグッドの社長は全てを失うことに・・・。社員を駒として見ていなかった故の因果応報。最後は自身がIT業界の中で使い捨てにされてしまいましたね(>_<)。

 まあその最後のどんでん返しも、竹内さんがダーティな動きを水面下で行っていたのではないかと水川さんが疑い始める後味の悪い物に。そうは言いつつ、竹内さんの正体や意図も読み取れず最終回までどうやら真相は闇の中でございますね~。

 まあそんなこんなでスリリングな第7話でございましたが、昨日の「家売るオンナの逆襲」と同様、今回もワーキングママ VS 独身のキャリアウーマンの確執が描かれておりました。

 ただ昨夜と違い、今回のワーキングママは決して子育てを錦の御旗にはしていなかった訳で。それ故、マネークのフレックス勤務で見事にシステムエンジニアとして復職されました(*^^*)。

 権利は主張する。その代わりに自分も制度に甘えない。これからのダイバーシティ時代、ワーキングママにはそんな心構えが必須なのは間違いないですよね。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20190221230853j:plain

 

「家売るオンナの逆襲」第7話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 大津いじめ事件の裁判、加害者の少年達に損害賠償を求める判決が出ました。これはいじめが犯罪行為であると示された画期的な判決でした。

 自殺した被害者の父親の「この子は今回の判決を勝ち取るために生まれてきた気がする」との言葉。胸が痛みましたが、確かにその通りかもしれません。短くても大きな意義のある一生だった。私はそう思います。

 同じ日に東京では全国初の児童虐待の条例が可決されようとしています。2016年に終了したいわゆる魚座の時代。2017年から始まった水瓶座の時代は愛と調和を重んじると言われています。人類が次元上昇=アセッションを果たすことをこれからも信じていたいですね。

 それでは先程観た水10ドラマ「家売るオンナの逆襲」第7話の感想をアップしたいと思います!

 気付けば冬ドラマも終盤。独走とまでは行きませんが、このドラマは後半でライバルの「メゾン・ド・ポリス」をじわじわ引き離しているので、水10ドラマ久々の平均視聴率首位獲得が見えてきたかな。そんな気がいたしますね(*^^*)。

 基本シングルエピソードになっているので、第1シリーズに比べてパワー不足なのは残念。それでも大石先生ですから、まだまだ見応えたっぷりです。今回はいわゆるワーキングマザー問題を取り上げていましたね。

 劇中でも言われていましたが、育児と仕事の両立は難しい。ただ、本人以上に周りが気を使うと言うのもまた事実でして・・・。やっぱりただ時短の刻限までダラダラされても職場の士気も落ちますしね( ;∀;)。

 日本は女性が活躍しにくい時代だと言われています。しかし、いわゆる北欧諸国では女性はダラダラパートと変わらないレベルで正社員の女性が仕事をしたりしていません。効率重視で全て逆算して仕事のスケジュールを組み立てていますよね。

 まあそれは男性も同じでして。少なくとも妻に働いてもらっているなら男も家事分担をしないと。私は毒男ですから少なくとも仕事と家事は両立させてますよ(笑)。

 今回はサブキャラも光っていました(*^^*)。イモトさん、プロボウラーを目指す位ボウリングが上手かったって、完全に下町ロケットのネタですよね(笑)。中々日テレさんアグレッシブです。

 さて何となくの展開で後3回?位まできましたね( ゚Д゚)。屋代課長は真飛聖さんとどこまで突き進んでしまうのか・・・次回はまさかのラブホが登場してましたね!!これは次回も見逃せません( `ー´)ノ。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20190220233416j:plain

 

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第6話を観て

  皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

  少し古いNHK世界のニュースで経済危機のベネズエラが報道されていまして。

 戦争が起こったわけではないのに、次々と難民が海外に流出している事実。そのことには勿論胸が痛みますが、逆に受け入れ先の隣国、特にブラジルの方々のインタビューには本当に感銘を受けました( ;∀;)。

 彼等を助けないといけない、困った時はお互い様。そのことを皆嘘ではない様子で伝えていることも素晴らしいんですが、本当の彼等の幸せは家族で祖国に戻れることだと。心からブラジルの皆さんは思えているようで。

 これが我々日本人ならどうでしょう。例えば北朝鮮の体制が転覆し、大量の難民が発生したら。そして彼等が日本に押し寄せたら・・・。

 きっと我々日本人は、そして私も貴方も絶対にそんな反応はできないでしょう。ブラジルの方達のマリア様のような心根を観た日曜の夕方でございました。

 それでは先程観た「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第6話の感想をアップしたいと思います!

 昨日の「家売るオンナの逆襲」これは残念ながら過去最低のエピソード。対して今作の第6話は最高のエピソード。今週に関してだけは完全に木曜劇場に軍配が上がった気がいたします。

 真野響子さん演じる売れっ子作家の死。原因は末期がん。その死から浮かび上がった秘書達の表と裏・・・。最終的にはお見事!と膝を打てるだけのどんでん返しでございましたね( ^)o(^ )。良かったと思います。

 誰が本当に信じられる人なのか。今回は、心根で云えばどの秘書達も信頼に値する存在ではなかったかもしれません。でも真野さんは、きちんと誰を選ぶかを決めていた。文学の才能がある若い秘書。彼を(表立っては指名していませんでしたが)最後の弟子にする。それが真野さんの遺志だった訳なんですよね。

 若い人。才能は勿論あった。それが一番大きかったということは分かります。でも、それは未来を選ぶ。そのことにつながるんですよね。これからの少子高齢社会に一番大切なことを真野さんが教えてくれましたね( `ー´)ノ。

 しかし今回のエピソードを鑑みれば、私にはやはり文学の才能はないのかな( ;∀;)。今日はバレンタインでしたが、遂に生まれて初めて単独の義理チョコもなかったので、時代の流れが大きいですが本当に何か微妙な気分でございます(苦笑)。

 それでは今夜はこの辺で、皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20190214233820j:plain

 

「家売るオンナの逆襲」第6話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 水泳の池江璃花子さん、白血病が発覚したとのことで本当にショックを受けております・・・。

 昨年までの勢いで東京オリンピックに出ていたら、金メダルも2個以上取れたかもしれない。それだけの才能があり、実際努力もされていた。その結果が昨日の発表だなんて、本当にやりきれない思いです。

 他の多くの皆さんと同じように、私も池江さんの復帰を心よりお祈りしたいと思います。東京オリンピックまでまだ一年半ありますし。この霊験あらたかな地から、池江さんの復活を信じてパワーを送らせていただきたいと思います。

 それでは先程観た「家売るオンナの逆襲」第6話の感想をアップしたいと思います!

 う~ん、敬愛する大石先生なんですが、どうも失速してきている気がいたしますね( ;∀;)。

 まず留守堂さんの正体が分かってしまい(片思いの同級生というのもほのぼのしすぎて)、ミステリアスさが無くなったというのも少し残念。後はエピソードがシングルになっているのと、不動産を売るプロセスも雑になってきている気がしてなりません・・・。

 今回のテーマはエロスとホーム。W不倫を肯定していましたが、LGBTの時と大石先生が同じノリなのが気になる所です。何でもかんでも認めるのがスタイリッシュ。ではないと思うんですね(@_@;)。

 まあその点が一番気になったところですが、尾田家の夫と八十多家の妻(内田理名さんでしたね)を無理やりくっつける作戦も余りに稚拙といいますか。

 正直、ネタ枯れ感がしてやまないんです( ;∀;)。第一シリーズの時は何度もリピートしたし、本当に最終回がきてほしくなかった。今はそんな思いは皆無・・・。これが私の偽ざる心境でございます。

 そんな停滞感漂う第6話でしたが、今回面白かったのは屋代課長と伊藤さんのエピソードでしたね( ゚Д゚)。

 これも言ってしまえば不倫につながる。そんな導火線になってしまうかもしれないんですが(イモトさんは既に焚きつけていましたよね)、真面目な屋代課長に限ってそれはないかと。

 大石先生もそこは我々視聴者の感情を組んで、せいぜいプラトニックに心が揺れる程度の展開にしてくれると思います。そうなるとここでの寄り道が屋代課長&三軒家チーフの絆を再確認するきっかけになるかもしれないですよね。個人的にはそう期待したいですね~。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20190213230815j:plain

 

映画「ラ・ラ・ランド」を観て~刺さるコンテンツ(22)

 皆様こんにちは。TOSHIXXXです。

 3連休、あいにくの天気でしたが皆様いかがお過ごしですか?私はレンタカーを借りて紀伊田辺市の世界遺産、闘鶏神社に足を運びました。行けそうで中々行けなかったので・・・。これでもう本当にこの地で思い残すことはないかなと(笑)。

 それでは今朝録画で観て大感銘を受けた映画「ラ・ラ・ランド」の感想をアップしたいと思います!

 

 

1.冬~春

 何となくノーカット版って珍しいな。そう思い、金曜ロードSHOW!で放送されてたのを録画したんです。今朝は今週分の料理の作り置きをしてて、疲れたので英語のリスニング対策にいいかなと(笑)そんな軽い気持ちで副音声で観てました。

 この作品は四季になぞらえた構成になっていて、まずは冬からスタート。

 主人公のミア(エマ・ストーン)はオーディションに落ちまくっている女優の卵。普段はカフェでバイトしながら苦闘の日々を送る彼女が、ひょんなことから売れないジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)と恋に落ち、共に夢を目指すことになる。そんな前半でございました( ^)o(^ )。

 まあ、よくあるアメリカンドラマと言いますかね。何気にミアが元カレと別れるくだりがあったり、二人の初キスまでに色々ハプニングがあって中々成就しないなど、日本のドラマにも通じるお約束の展開。ミュージカル作品なので音楽はいいんですが、いかにも平凡な出だしでした。

 個人的には最近スマホで英会話を学習していることもあってか、”以前より聞き取れてる!!”それが嬉しかったです(笑)。

 

2.夏~秋

 この映画、後半が本当に素晴らしく、字幕を付けて食い入るように鑑賞。もう大号泣シーンの連発でございましたね( ;∀;)。

 幸福な同棲生活を送りながらも、相変わらず鳴かず飛ばずの二人。先にチャンスをつかんだのはセブ。ミュージシャン仲間のキースに誘われ、彼のバンドに加わることに。しかもそのバンドは既に売れまくっていて、セブは一気にスターの仲間入りを果たします( ゚Д゚)。

 しかしこのことは思わぬ波紋を呼ぶ形に。キースとセブは全く音楽性が逆。ジャズをロック等と融合させ、新たな形にしようとしているキースに対し、セブはあくまでも昔ながらのジャズを守りたい。ただ新参者のセブに発言権がある訳でもなく、意に添わぬ活動に付き合わされることに。

 待望のライブに足を運んだミアの表情が最高でした。ああ、この音楽は彼がやりたいものじゃない。その気持ちを本当に絶妙に表現していました( ;∀;)。泣けますよね。

 そのことを率直に告げたことでミアとセブは口論に。二人は別れてしまいます。

 次はミア。散々な結果に終わったセルフプロデュースの一人芝居が偶然にも大物映画プロデューサーの目に留まり、急遽オーディションを受けることに( ゚Д゚)。

 一人芝居の失敗で故郷に帰ってしまい、その事実を知らない彼女のためにセブが車で駆け付けます。この二人のシーンも最高でしたね!!

 何度も失敗して傷付いた。これ以上何をしても無駄だという彼女にそんなことはないとセブは言います。オーディションがある明日、必ず君を迎えに来ると。

 く~、これは本当に表現者同士だから分かるんですよね( ;∀;)。まあ多少はよりを戻したい気持ちもあったかもしれませんが、セブはミアが本物であることをちゃんと理解していた。

 だから彼女がオーディション合格後、潔く身を引く決心をしました。彼女が女優として羽ばたいていくために。台詞も良かったし、個人的には刺さりまくる後半でございましたね(*^^*)。 

3.5年後の冬~まさかの並行世界!?

 ミアはその後、女優として大成功。別の男性(IT社長とか?なんかそれっぽかったですよね~)と結婚し、娘も授かりました。

 そんな彼女が偶然夫と入ったジャズバー。その名はセブ。そこで彼女はスタンダードなナンバーを演奏する店の経営者になっていたセブに再会します。

 ようこそ。その後で響くナンバー。そこからかなり長い時間、ミアの空想が広がり・・・。それはもし二人が別れなかったらどんな未来が待っていたか。そんな情景でしたよね。

 ただこれは単なる空想ではなく、きっと今話題の並行世界ではなかったのかと。別の次元ではちゃんとした現実になってるんですよ( ゚Д゚)。

 まあそうは言いつつも今の二人も決して不幸な訳ではなく。お互いが表現者として認め合い、共に夢を追った5年間。この日々があったからそれぞれの人生が花開いた。同じ表現者として、最後までワタクシの涙腺は崩壊しまくりでございました!!

 

4.最後に~2016年ってヤバくね?

 いやはや、まさかの拾い物でございました!大阪にいてた時は結構映画観てたんですけどね・・・。この作品は2016年末に公開され、アカデミー賞6部門制覇&興収5000万$の大ヒットだったようですが、全然そのことを知りませんでした(苦笑)。

 しかし、この映画は「シカゴ」以来の久々に映画史に残るミュージカル作品になったのではないでしょうか(*^^*)。

 それにしても2016年って、日本では欅坂46が彗星のごとく登場しての快進撃があり、邦画でも「君の名は。」のメガヒットがありましたが、海の向こうでもこんな刺さるコンテンツがリリースされてたんですね・・・。数年後には2016年のコンテンツってヤバかったよね~そんな風に振り返っているかもしれませんね。

 今年は新元号のスタート、来年は東京オリンピックで向こう2年は日本にとって良さそうなことは確定していますが、その後はどうなりますかね・・・。本当の変革は2030年からで私もそこに照準を合わせていますが、そこまでも適度に刺激がありつつも安らかな時代であってほしいですね( ^)o(^ )。

 それでは本日はこの辺で。皆様も良い休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20190211152943j:plain

 

 

 

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第5話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 昨日、近くの支社の方が仕事で立ち寄ってくれたのですが、4月に移動が濃厚な私に”何となく幸運を祈ってるわ”と言ってくれました。

 一見ふざけたような言葉ですが、仕事でもそれ程接点がない方からこういう言葉を掛けてもらえるのは本当に応援してもらえているような気がいたしまして。

 そんな一方で、今日私の支社に電話を掛けてきた人は私が大阪時代にはかなり仕事等を手伝っていた人だったのに、私を指名する訳でもなく、たまたま出た私にも完全に他人に接するように仕事の依頼をしてきました( ゚Д゚)。

 こういうのってホント嫌ですが、私は微妙な関係の人は勿論、ほぼ周りから避けられ、扱いやすいので人にはとことん利用される人間でございまして(笑)。

 この40年、人間の嫌な所ばかりを見てきました。本当に信頼出来たり、心を許せる人なんて1桁。家族でさえも全部が全部信頼できるわけではない。基本アウェーな人生でございます(笑)。

 私からすれば周りや地元で円滑なコミュニケーションが取れる人はいい人生だなと思ったりするんですが、こんな給料じゃ生活できないとか言われたりして(>_<)。中々理想通りでわが生涯に一片の悔いなしみたいな人生は少ないんでしょうね・・・。

 これからもお金を稼ぐためにどんどん人間嫌いにはなっていきそうですが、これも自分に特筆するスキルがない故の自業自得だという自戒と、わずかでも自分の味方でいてくれる人達には心から感謝し、将来はAIに囲まれ、孤独に読書を楽しむ老人目指して(苦笑)、頑張っていきたいと思います。

 それでは昨日観た「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第6話の感想をアップしたいと思います!

 今回は胸に刺さるお話でした。余りにも竹内さんの仕込みが大掛かりでそれが嘘くさかったとは思いますが(笑)、遠野なぎこさんのデビット伊東さんに対する愛の深さは、感涙ものでございました( ;∀;)

 漫才の大助花子さんやプロレスの佐々木夫妻とかもそうなんですが、恐妻家と鬼嫁と言うキャラで売ってる人達は実は真逆というケースが多くてですね。本当は三歩下がって付いていく。そんな奥様が多いんですよね。”全てを失ってもこの人を取り戻せたらそれでいいんです”死ぬまでにこんなこと言われてみたいです(苦笑)。

 それでは今夜はこの辺で。明日から3連休。一応引っ越しに備えつつ、明日は気晴らしにレンタカー借りて孤独にドライブ🚙。皆様も良い休日を👋

f:id:TOSHIXXX:20190208215528j:plain

 

「家売るオンナの逆襲」第5話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 本日は神倉神社で年に一度のビッグイベント、「お燈まつり」が行われました(*^^*)。

 2年前は私も参加しましたが、本日は朝から大雨(>_<)。これはどうなるかと心配しましたが、午後からは無事に晴れ今年も威勢のいい掛け声が私の宿舎にも響いてまいりました。

 今回が私の目にする最後の御燈祭りになりそうですが、これからもこの大切な伝統を地域の皆様で守っていただきたいと思います(*^^*)。

 それでは先程放送された「家売るオンナの逆襲」第5話の感想をアップしたいと思います!

 今回も面白かったです。ただ今回ほど総合力で乗り切ったな、そう感じた回はございませんでした。

 今回の家を売るエピソードは、あの大石先生では考えられない位雑でしたね(>_<)。ギャップ萌えだけで押し切ってしまうとは・・・。しかもシングルエピソードですしね。幾らなんでもそれで6,000万円は出さないだろ。そう思ってしまったのは私だけなんでしょうか?

 しかしサイドストーリーはさすがの一言。松田さんと北川さんはまさかの同級生だった。松田さんが整形して美形のやり手不動産業者に変身していたと。

 最近、生々し過ぎて引くようなドラマが多かったので、こういう初恋をこじらせた系のエピソードは何だかホッとしますね( ^)o(^ )。

 ただ松田さん⇒北川さんへの片思いが表面化したことで、千葉雄大さんのBLは暗転。賛否両論の今回の千葉さんですが、私は嫌いじゃないですね。人間らしさが出ていていいじゃないですか(*^^*)。

 後は今回のゲストが柄本佑さんと元KARAの知英さん。ワタクシ、KARAは大好きでテレ東の「URAKARA」も毎週欠かさず視聴していましたからね。息の長い活躍を続けている姿を拝見できるのは嬉しい♬

 ただ幾らメイク術が発達しても、いわゆるブーやん女性が知英さんになれる訳がない(苦笑)。どうもこういうリアリティのなさも、大石先生らしからぬ展開だったなと。まさか今回はゴーストライターだったなんてオチではなかったでしょうね( ゚Д゚)。

 最後に今回のテーマの美形であることについてですが、AI時代の到来で今回の柄本さんみたいに頑張っても、理系の天才でない限り、もう高額サラリーを稼ぐことは出来なくなるかもしれない・・・。そうなると美形か否かはかなり未来の人生に大きな影響を与えそうですね。

 まあ、私は生まれながらの容姿に安住するより、努力して人生を切り開く人間の方が美しいと思いますけどね(*^^*)。

 それでは今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20190206232537j:plain