「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第6話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 先日放送された「世にも奇妙な物語 18年春の特別編」視聴率が10.0%。見事に(ギリギリではありますが)2桁復帰を果たしました(*^^*)。

 クオリティは確かに全盛期からは程遠いレベル。でも昨年春よりはずっとクオリティが高かったので、この秋にも期待したいですね♪♪

 では先程観た「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第6話の感想をアップしたいと思います!

 前回は少し眠い展開でしたが、今回は完全復活!!またまたディルアングレイ的世界観が炸裂していましたが、ただエグイだけではない。狂気の闇の先に見える新たな世界が垣間見えた第6話でございました(*^^*)。

 脚本の黒岩さん、これだけのマルチストーリーをハイレベルにまとめてくれているのは本当に凄いことだと思います。

 大倉さん、香港マフィアとつながってたんですね( ;∀;)。しかしショーンさん惨殺は一体どういう理由からだったのでしょうか?この謎は次回以降明かされていきそう・・・ってラストでそのマフィア達が早くも山本さんを人質に取ろうとしていましたね!!いやはやドキドキ・・・。

 そして高橋克典さんも中々思う様に事が進まず。愛娘の岸井さん。高杉さんとの仲を何とか裂こうとしていますが完全に逆効果(*_*)。もう二人は下の名前で呼び合っていますからね・・・。その一方で妻の山口さんもいよいよ本性を発揮!!しかしこれは舅の伊武さんと最終対決という展開になりそうですね~。

 そして最後に今回の主役と云えばやっぱり稲森さん。最高でしたね(*^^*)。何だかホッとしました。彼女は単なる不幸に翻弄されるだけの弱い女性ではなかった。

 自分の情夫が実の息子だと知った時、絶望ではなく彼女は歓喜の涙を流していた。それは死んだと思っていた自分の息子が、生きていたことが何より嬉しかったから。そこから彼を守るための稲森さんの行動は、個人的には刺さりまくりましたね(*´Д`)。

 「彼は(刑務所に入った前科者だったけれど)ただ一生懸命生きてきただけなんだと思います」素晴らしい台詞でした!!真実を知っても壊れなかった稲森さん。そこで拍子抜けしたのはディーンさんだけでなく、我々視聴者も同じですよね。

 でも少し救われる気持ちにもなる。ラスト、ボコボコにされた衝撃的な顔のまま、笑みを浮かべて新井さんを強請る稲森さんが最高でした(*^^*)。「お前死ぬぞ」「貴方もね♡」

 完全にってはいるけれど、決して壊れてはいない。この母性は、どんなに形は歪んでいても輝きを失うことのないダイヤモンド。

 運命に流されるままに生きていた薄幸の女性が、初めて生きる意味を見つけた。今回の稲森さんの演技には、少しうるっときました( ;∀;)ディーンさんの言葉を借りるなら正に「母親というのは偉大だな」ですね!!

 さて、まずは最初の復讐が為されましたが、土に埋められたのは一番の雑魚キャラ。ここから狂気に満ちた復讐のオンパレードの後半戦になだれ込んでいくのは間違いないでしょう( ゚Д゚)。少し怖くもありつつ、でもその先には光も見えるのではないか・・・そんな期待に包まれております。

 年寄り相手のワンパターン刑事ドラマで、平均視聴率15%を荒稼ぎするテレビ朝日。それに引き換えこれだけ面白いのに、平均視聴率は消費税以下の今作。個人的には矛盾を覚えます。少し悲しい( ;∀;)。でも本当のドラマファンの方ならこのドラマがどれだけの傑作は分かっていただいているはず!!とにかく来週が待ち遠しいですね(*^^*)。

 では今夜もこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180524232234j:plain

「コンフィデンスマンJP」第7話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 乃木坂46の斎藤ちはるさんが乃木坂を卒業し、テレ朝のアナウンサーに内定したという記事が出てましたね( ゚Д゚)。

 斎藤さんは世界ふしぎ発見!の台湾編でミステリーハンターをしていて、その時初めて存在を知ったんですが、明治大学に在籍中。正に才色兼備の女性の典型だった訳ですが、乃木坂時代は不遇だったようですね( ;∀;)。

 調べてみると第1期からのメンバーでもあるにも関わらず、シングルの選抜メンバーになったことはわずか一回。背も高いモデル系のルックスで、頭もいいのに全く乃木坂46では活躍することができなかった・・・。ただここでの経験があるからアナウンサー試験にも合格できたんでしょうね。

 ある意味、高校野球の名門校で3年間補欠、というかベンチ入りできずにスタンドで応援している部員的存在と云いますか( ;∀;)。

 でも私はそういう方達を凄くリスペクトしています!!私なんか見返りの無さそうな努力なら最初からしないという、どうしようもない省エネ人間ですから(苦笑)。でも努力は裏切らない。神様はどこかで見ていてくれてるんだなと。

 テレ朝は斎藤さんに合っていそうな気がしますね( ^)o(^ )。報道ステーションなんかすごく斎藤さんみたいなタイプの方が出ているような(笑)。

 アナウンサーも勿論厳しい世界ですが、是非次のステップで大いに活躍していただきたい。そう思います。

 では先程観た「コンフィデンスマンJP」第7話の感想をアップしたいと思います!

 さすがに失速してきました(>_<)。まあ初回から古沢さんフルスピードで走り続けてきたので、これは無理ないかと。

 ただ今回はスローテンポながら、嘘に嘘を重ねる凝ったストーリー展開と、どこか幻想的な世界観だったこともあって、前回の内村さんの時よりは面白かったと思います( ^)o(^ )。

 お人好しのボクちゃん。でも彼がいいアクセントになるんですよね、毎回。

 今回も彼のお人好しさが無ければ竜雷太さんの遺産を相続できなかったでしょうし、そこで手に入れた遺産を、惜しげもなくお互いに騙しあった岡田義徳さん達にも分けてあげるという。

 一見ダー子のように独り占めした方が得する気がしますが、実はそうではないんですよね。分け与えることによって恨みを買うことも無くなるし、いつかそれが別の形で自分達にも帰ってくる。世の中、いいことも悪いことも全ては因果応報ですからね~。

 ダー子との腐れ縁。今回は(偽装結婚式ではありましたが)キスまではしてしまった訳ですが、残りの回で二人の仲にも進展があるのか。そちらにも注目したいですね。

 では今夜もこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180521232032j:plain

「Miss デビル 人事の悪魔・椿 眞子」第6話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨日は英国王室の、ハリー王子とメガンさんの挙式が生中継されていましたね(*^^*)。柄でもないですが、私もガッツリ中継を拝見いたしました。一言で云えば素晴らしい式で、お二人の前途は有望だな~。そんな気持ちになりました。

 他国のロイヤルウェディングではありますが、西洋を代表する島国である英国の王室には我々日本人は(こちらも東洋を代表する島国ですので)特に親近感を覚えるのではないでしょうか。

 今回は中継のスタジオでも語られていましたが、ロンドンでは考えられない位の快晴!!初夏の爽やかな陽光の下、ウィンザー城へ続く道を騎馬隊と馬車が駆けていく様はさすがは大英帝国だな~とうならずにはいられませんでしたよね(*´Д`)。

 メガンさんはバツイチで母親はブラックアメリカン。一昔前なら考えられない結婚だと思いますが、これも現代のダイバシティ―を象徴していたと思います。

 そして御年92歳のエリザベス2世陛下(ライムグリーンのお召し物がまた最高に似合ってましたね!)も健在ぶりをアピールされてました。先日のマハティールさんといい、正に人生100年時代のトップランナーですよね(*^^*)。

 こうなると来年の我が国の新天皇即位のことを考えてしまいますね。是非快晴の下、新たな時代を国民全員でお祝いしたいな。そう願っております。

 では先日観た「Miss デビル 人事の悪魔・椿 眞子」第6話の感想をアップしたいと思います!!

 今回は良かったです(*^^*)。テーマはマタハラ。このドラマで初めて色々考えさせられる出来だったのではないでしょうか。

 基本的に相変わらず脚本的に幼稚な面も見られますが、セクハラや過労死に比べてマタハラって新しい問題ですし、そんなにまだドラマ化もされていない。それ故に新鮮だったという気もしますね。

 日本では育児と仕事を両立することは難しい。今回も本当は退職(家計的には裕福なので)したかった篠田麻里子さん。最後菜々緒さんに諭されて退職を選んだ表情は、やっと重荷から解放されたという安堵感に満ちていました。

 私考えましたよ。やっぱり仕事と育児の両立って欧米(特に米国)の価値観なんだなと。それを同じ先進国であるというだけで日本に持ち込んでも、無理があるんだなと。

 それはやはり白人と黄色人種の差、豪快なアングロサクソンと奥ゆかしい大和撫子のDNAの差。それを無視して無理やり会社ごとに数値目標まで作って女性を登用する今の政策ってどうなのかな?そう感じました。

 本当は思いの外、働くのが好きな日本人女性って少ない気がするんです。家庭を守ることこそ女子の本懐なのでは・・・。私の母親も専業主婦ですしね。それならば少子化対策としてもっと主婦の方に対する手当を厚くしてもいいのかもしれないですね。

 女性の社会進出(職場復帰)は子供の手が離れてから。少子高齢社会の我が日本はもっと長い目で育児に励む女性の皆さんを迎えてもいいのではないでしょうか。

 この私の意見には勿論反論もあることとは思いますが、日本と欧米諸国はやはり違うんだと思います。それなのに何もかも真似をする。それは明治維新から何も変わっていない。我が国って、いつまで主体性のない忖度&猿真似ジャパンで生きていかねばならないのでしょうか?

 そういう点では決していいとは思いませんが、同じアジアの中国とかの方が自分らしく行動しているのは間違いないですよね。

 来年からの新時代が新しい日本の幕開けになればいいな。そう感じた第6話でございました。

 それでは私は今朝は散歩がてら、隣町の三重県紀宝町熊野古道を巡ってまいります。皆様も良い日曜日を☀

f:id:TOSHIXXX:20180520053323j:plain

 

「家政婦のミタゾノ」第5話を観て

 皆様、おはようございます!!TOSHIXXXです。

 昨日の夜は「やりすぎ都市伝説SS」にどっぷり浸かっておりました(*^^*)。本当に面白い!!私にとっては至福の2時間でございました。どんどん劣化している「世にも奇妙な物語」とのコントラストは強烈。関さんのキレキレ感も年々凄みを増していますよね~。

 この番組が面白いのは、初期のオカルト路線からうまく最新の技術革新&気候変動問題にシフトできたからなんでしょうね。元々は都市伝説ですから、最もらしく語られていたフォトンベルトも全く科学的根拠がないらしいですが(笑)。

 個人的に関心があるのはやはりAI部門ですかね。世界各国の国家ぐるみの取り組みに比べて、日本の出遅れ感を感じました( ゚Д゚)。

 そして欧米でAIに人権を認めようとしている動きも、今後の大きなトレンドになりそうですね。ただその一方でミャンマーロヒンギャ族のように、私達と同じ人類なのに人権を否定されている人達もいる。その大いなる矛盾についても考えてしまいました(>_<)。

 とはいえ、私的には本格的なAI時代の到来が待ち遠しいです!!将来は坂井泉水さんAIが一台我が家にいてほしい(笑)。

 では前置きはこの位にして、先程録画を観た「家政婦のミタゾノ」第5話の感想をアップしたいと思います!!

 今回はパクリについて。冒頭からミタゾノさんが自らをパクリ宣言してましたね。勿論日テレ水10ドラマのあの作品のことを語っていた訳ですが(笑)。

 今回のゲストは佐藤仁美さん。時々ぶっこまれていた「リバウンドにはお気をつけて」などのライザップネタがツボでございました(笑)。さすがは深夜ドラマ、攻めの演出が素晴らしかったですね(*^^*)。

 最後は佐藤さんと師匠の森品デザイナーが藤子不二雄のような関係になりましたね。ユニットになればもうパクリとかは不問になりますよね~。

 毎回お楽しみの裏技家事情報もさすがにネタ切れですかね(*_*)。特に最後の即席バニラアイス。あんな労力掛けるくらいであれば、私なら間違いなく近所のコンビニにダッシュすると思います(苦笑)。

 いよいよ終盤に差し掛かってきた今作。最後は元セレブだという剛力さんの過去が何か事件を巻き起こすのかもしれませんね。個人的には安定のクオリティですので最後まで気を抜かずに頑張っていただきたいです。勿論家事情報も(笑)。

 では午後からは天気が良くなるようですので、皆様よい休日を☀

f:id:TOSHIXXX:20180519055331j:plain

「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第5話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 少し前のお話になりますが、マレーシアの新首相にあのマハティールさんがまさかの復活当選を果たしましたね( ゚Д゚)。しかも御年92歳とのこと、VIVA!!

 マハティールさんと言えば、言わずとしれた欧米ではなく日本を見習えと宣言したルックイースト政策を始め、独自の戦略でマレーシアを発展させてきた功労者でした。

 私は学生時代サブゼミで一人ベトナムドイモイ政策を(その頃から協調性がなかったんですね)研究していましたが、ASEANは結構人気(特に女子)がありました。

 その時、同じゼミの女子がマハティールさんが「ビジョン2020」を提唱しているということを紹介していました。要は2020年までに先進国入りを果たすという目標でございます。

 当時は1995年で、私は「一体どれだけ先の話やねん」と内心毒づいていた訳ですが、気が付けばもうその2020年が目前に!!ついでに云えばマレーシアはいわゆる「中心国の罠」にはまって先進国には未だ到達できていない・・・。ここでマハティールさんがこのままでは死んでも死にきれないと、再登板されたわけですよね( ゚Д゚)。

 彼は消費税廃止など実現困難な目標を掲げ、一部では耄碌した老人のように言われていますが、正に人生100年時代を先取りする92歳の再挑戦に私は心から敬意を表したいと思います('◇')ゞ

 では先程観た「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第5話の感想をアップしたいと思います!!

 今回は今一つでしたね(*_*)。手抜きではないんです。色んな伏線は張られていた。ただ、どうも勢いが無かった気がするんですよね・・・。

 岸井さんと高杉さんの恋も、婚約者の変死とその前のまさかの高杉さんの告りで何か台無しになってしまった気が(>_<)。もっと告るまでを引っ張ってほしかったな~。勿論二人の関係はここでは終わらないでしょうけどね。

 そして今回の出来が今一つだなと感じたのは、何と云ってもディーンさんと山本美月さんの再会です。山本さんは明らかにディーンさんの正体に気付いていましたね。そこで色々謎かけをする質問をして、ディーンさんも答えるんですが、その台詞で刺さるものがまるで無かったと。

 前半の山場だったはずなのにとんだ凡シーンになってしまい、私的には非常に残念でございました(>_<)。これは正直、ディーンさんと山本さんの演技力ということにも起因しますかね・・・。勿論今回のディーンさんは最高なんですが。ただこれが藤原竜也さんと二階堂ふみさんとかだったら、もっと刺さる再会シーンになったのではないかという気がしました。

 とは言いつつ、後半に向けて早くも王手を指した感のある第5話でございました。次回は大倉さんの香港の時の秘密。これは一家惨殺でかなりエグイシーンが連発されそうなので、また盛り上がりそうです。個人的にも一番興味のある闇なので期待したいですね。

 最後に冒頭の稲森さんのインスタのいいね♡が15件というのが私のクックパッドブログ(私の表ブログでございます)の平均いいね♡の数に非常に近く、妙に生々しくてツボでございました(笑)。

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180517231828j:plain

 

 

 

「コンフィデンスマンJP」第6話を観て

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 たった今、新潟県の女児死体遺棄事件で23歳の会社員の男が逮捕されたという速報が流れました。

 この事件については犯人逮捕となるまで、このブログでもお話は控えておりました。まずは犯人逮捕で近隣の皆様が安心されて良かったということと、被害者のお嬢さんの冥福を祈るばかりであります。

 やはり、心が痛みますね。先日感想をアップしたスペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル」でもお話ししましたが、こういう卑劣な犯行は断じて許すことが出来ないです。

 そして、親御さんに心から愛されていたお嬢さん(捜索願が出るのが早かったことからもそれが伺えます)が何故、命を奪われただけでなく、あんな酷い形で遺棄されなければならなかったのか・・・。犯人のあまりの身勝手さと理不尽さ。今後事件解決に向かっても、私達が受けた衝撃と動揺は消えることはないでしょう。

 そして世間では早くも犯人に対して即刻死刑!!という論調が出ています。ただ私達には犯人を裁く権利はありません。その言葉を口にできるのは、遺族の方だけだと思います。我々はあくまで外野の人間。もうそれについては司法の良心に任せるしかないでしょう。

 それよりも私が感じるのは、昨日までお嬢さんの実家や映像を何度もTVで流していたマスコミ(ワイドショー)の無神経さでございます。

 どれだけ美辞麗句を並べたところで、とどのつまり興味本位でマスコミは事件を報道していたのではないか。周りに全部モザイクを掛けてまで、お嬢さんの映像をテレビは何度も流していた。目撃情報を得るために放送していたという声もあります。でも私にはどうしてもそうは思えないんです。だってどう考えても北信越の人以外で、あのお嬢さんを目撃した人間なんているはずがないんですから。

 これも、小さな亡骸を線路に遺棄するのと同じ位酷い仕打ちだと思います。晒されて、断罪されるのは犯人だけでいいはずです。

 同じ悲劇を繰り返さないため、私達には検証していく必要があると思いますが、犯人が逮捕された以上、お嬢さんとそのご家族についてはもう報道すべきではない。犯罪被害者に対する配慮が、きちんと為される日本社会であってほしいと私は心より願います。

 では前置きが長くなりましたが、先程観た「コンフィデンスマンJP」第6話の感想をアップしたいと思います!!

 さすがに息切れですかね~。今回はほとんどどんでん返しもなく、成り行き任せのストーリー展開でございました(>_<)。

 でも私的には今までで一番刺さる回でした。金、地位、女。それらを手に入れても結局悪徳コンサルタントの内村さんの心は晴れることはなかった。

 在野の名も無き考古学者で散った父のようにはならない。そう固く誓っていたはずなのに、結局は何もかも捨ててあてもない発掘に残りの人生を賭けることにした。名誉のためではない。「考古学は学ぶものでもなければ、研究するものでもない。憑りつかれるものだ」。これは最高の言葉でしたね(*^^*)。

 そう考えると私にとってはやはり小説ですね。今まで何の成果をあげることも出来ず、昨年の「心霊婚活」も日の目を見ずに落選してしまった・・・。

 でも元々決めていた次の作品。FP2級の受験後、その作品(今度は短編です)の取材のために山形に行くつもりです。私も完全に小説に憑りつかれています。はっきり言って大バカ者でございます(笑)。でもそれが、書くことがやっぱり一番私にとっての幸せなんですよね!!

 では今夜はこの辺で。皆様、良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20180514222144j:plain

 

 

「Miss デビル 人事の悪魔・椿 眞子」第5話を観て

  皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 本日もこれから料理に励みます(*^^*)。私にとって日曜午前中の料理タイムは貴重なストレス解消となっています♪♪

 ところで、クックパッドの方は先日通算アクセス数がめでたく40万件を突破いたしました!!

 40万件。まあ中途半端ではありますが、ここから更に料理の腕を上げ、美味しいレシピも考えて50万アクセスを目指していきたいなと。

 少しずつ今年に入ってからいただくつくれぽの数も増え、人気検索の方でも現在「タラのムニエル秋キノコソテー添え」(きのこソテー)、「牛肉とニンニクの芽のオイスター炒め」(にんにくの芽)、「男の!!あんかけスパ」(あんかけパスタ)の3レシピがトップ10入りを果たしております(*^^*)。

 勿論皆様の評価が全てではないですし、そこにこだわり過ぎると昨日の奇妙の「フォロワー」みたいなことになってしまうんですが(苦笑)、料理が好き。そして自分の料理が誰かの役に立つ。それがやっぱり何より嬉しいんですね。

 という訳で、クックパッドの方もご覧いただいている方は引き続きよろしくお願いいたします(*^^*)。

 では録画を観た「Miss デビル 人事の悪魔・椿 眞子」第5話の感想をアップしたいと思います!!

 う~ん、どうやらこのドラマも限界点がはっきりしましたね。少々私が期待しすぎていたようでした(*_*)。

 この春クールで私が観ている作品、どれも面白いんですがその中で、この作品は完全に失速。後半も微妙かな・・・。そんな気になってしまっております(*_*)。

 今回は南雲君の過去の話がどう菜々緒さんの過去と絡んでくるのか。そこに期待していたんですが、全くの期待外れでございました(>_<)。

 このドラマが微妙になっている原因。まず一つは菜々緒さんの過去に絡むエピソードと毎回佐藤さんが潜入する各部署のエピソード。その2つがいずれも中途半端で視聴者的には消化不良ということです。要はどちらも作りが雑なんですよね。

 相乗効果があれば、10×10=100になるんですが、この作品の場合は0.9×0.9=0.81ということで逆にシングルエピソードに絞った方がよほどましだということ( ;∀;)。正に二兎を追うものは一兔も得ずの典型ですね・・・。

 次に残念なのが人材活用ラボの職員達。彼等が全く機能していない。一体何のために存在しているのか?という所ですよ。普通なら今回は和田さんが活躍、次回は水沢エレナさんが・・・という展開になるはず。

 例えば同じ日テレの水10ドラマの「地味に凄い!!校閲ガール・河野悦子」なんかでは同じ校閲部の職員が各話でそれなりに活躍していました。しかし今作ではそれが全くなし。

 思い付きで人材活用ラボを描いたけど、もうストーリーの展開上必要ない。単なる置物にするしかないと。今までこんなドラマ観たことありませんよ( ゚Д゚)。

 基本的に登場人物が多すぎるんですよね・・・。今作は、多分今の半分位の固定キャスト、後はゲストで充分回る作品だと思いますね。

 例えば「コンフィデンスマンJP」は主要キャストは詐欺師の3人と五十嵐さんだけ。本当に最小ユニットですがそれでも面白い。「モンテ・クリスト伯」は登場人物は多いですがあれだけ起伏のあるストーリーなので、彼等を無駄なく使えている気がします。それに引き換えこのドラマは・・・。

 ドラマの進行に必要な主要キャストの数。そんな勘定すらできていない。こんな行き当たりばったりの脚本ってありますかね?第1話はそれなりに頑張ってましたが、第2話からはほとんど同じパターンの繰り返しですよね。これはかなり残念な展開・・・。後半では少しは人材活用ラボのメンバーの方の活躍を描いてほしいです。

 そして最後は、敢えて今まで触れてませんでしたが、佐藤勝利さんの余りに乏しい演技力。もういい加減ジャニーズのなんちゃって俳優を使うのはやめにしませんか?

 今回も佐藤さんの棒演技のせいで、感情移入できない場面が多々ありました(>_<)。これは後半になるとより顕著になってくると思います。基本的には好きな世界観の話なのでこれからも観ますが、そうでなければ脱落しかねないクオリティまで今は下がってきていますね・・・。

 では朝っぱらからぼやいてしまいましたが(笑)、今日はこの辺で。今日は一日雨のようですが、たまには雨音を楽しむ休日もいいですね☔

f:id:TOSHIXXX:20180513035101j:plain