「グッド・ドクター」最終回を観て~総括

 皆様こんばんは。TOSHIXXXです。

 先日のプチ停電、仕事帰りにイオンで電灯を購入して無事復活!!電気のありがたみもさることながら、新しい電灯にして明らかに居間が明るくなりました(*^^*)。

 暗闇を抜けた先にある光。それでは長い低迷期を抜けた木曜劇場「グッド・ドクター」最終回の感想をアップしたいと思います!

 

 

1.全ての子供が大人になれるわけではないけれど

 前回のラストで吐血したIYOちゃん。

 絶体絶命の彼女にドナーが見つかります。しかしそれは水難事故で脳死状態になってしまった少女、MISAKIちゃん・・・。

 元々お姉さんから受けることになっていた小腸と、MISAKIちゃんからの肝臓の同時移植。藤木さんですら初挑戦の大手術、途中で移植した肝臓に異変が発見されひやりとしましたが、山崎さんのとっさの判断で手術は無事に成功!!遂にIYOちゃんは普通の高校生としての日常を取り戻すことができました( ;∀;)。

 最後までこのドラマらしい、しっかり泣かせてくれるストーリーであったと思います。確かにMISAKIちゃんの水難事故に至るシーン(キャンプ中に娘が河原で1人で遊んでいるのを放置していた)は強引過ぎると思いましたし、手術に難色を示す理事会の前で突然理事長の中村ゆりさんが融資が流れてもいいからやりなさい!!というのも今までの苦労はなんやったん(>_<)。そういう話になるんですが、そのマイナスを差し引いても充分お釣りがくる。

 最後にMISAKIちゃんのご両親に宛てた手紙の中で、IYOちゃんが私も小児外科医になりたいと語るシーンは本当に自然で応援したくなりましたからね(*^^*)。

 

2.古豪復活!!木曜劇場、久々の快進撃に涙

 かつては「もう誰も愛さない」「眠れる森」「電車男」「コード・ブルー」など数々の話題作を世に出してきた名門、木曜劇場。しかし近年はフジテレビバッシングのあおりもあり、月9以上にもう打ち切りにしたら?との心無いバッシングに晒されておりました(>_<)。

 そんな木曜劇場が、この作品で久々の平均視聴率2桁を獲得!!何と2014年秋クールの「ディア・シスター」以来、何と18クールぶりの2桁復活となりました( ;∀;)。

 視聴率首位こそ、こちらもこの夏クールに旋風を巻き起こした「義母と娘のブルース」に譲ることになりましたが、堂々の2位。準優勝でございますよ、この夏の銀メダルは金足農とグッド・ドクターで決まりですね(笑)。

 今回の好成績の要因としてはやはり、最近の木曜劇場の作品の質が上がってきたこと。特に前作「モンテ・クリスト伯」の高評価が大きかったと思います(*^^*)。

 ただモンテ・クリスト伯は第1話だけが劇的につまらなく、そこで視聴率を取りこぼしたことが最後まで評価とおよそ釣り合わない低視聴率に沈む要因となってしまいました( ゚Д゚)。

 その失敗をきちんと踏まえ、今作は特に第1話に力を入れた。ここでこのドラマヤバい!!との評判になり、平均視聴率2桁につながったと思います。

 ただ一つ欲をいえば、もう少し変化球もあれば後半視聴率がもっと伸びたかなあという思いも(+_+)。基本的に泣かせる話の一本調子でしたから。まあ幾ら160キロが出てもストレートしか投げられないピッチャーでは、いつかは研究されて打ち込まれてしまいますよね(>_<)。

 韓国ドラマの原作の縛りもあったかと思いますが、そこの部分を今後もっと考えていけば名門木曜劇場の本格復活も現実になるのではないでしょうかね( ^)o(^ )。

 

3.山崎さんの新境地に脱帽!!

 最後はやはり、このドラマで覚醒した山崎賢人さんに触れない訳にはいきませんよね( ^)o(^ )。

 夏ドラマに山崎賢人が出演。この情報が流れるのはわりと早かったですが、まさかこんなサヴァン症候群の医師を演じるなんて想像すらしておりませんでした( ゚Д゚)。

 初回はまだ演技が微妙かな。そう思っていたんですが、回を追うごとに山崎さんの演技力はうなぎのぼり!!もう最終回では完全に新藤湊医師になりきっていましたよね(*^^*)。

 今までは人気先行の俳優さん、そういう偏見がありましたが(私以外にもわりとそういう印象を持たれていたと思います)今作で山崎さんの評価は一変したのではないでしょうか( ゚Д゚)。勿論そう遠くない内にパート2も放送されるでしょうね。間違いなく今作は山崎さんの運命を変えた一作だったのではないかと思いますね(*^^*)。

 その山崎さんの覚醒を生み出したのは、周りの芸達者な共演者の皆さんの力も大きかったと思います。特に上野樹里さん。昔から演技力には定評があり、今回は久々に観させていただきましたが、30代に入りますます輝きを増してますよね☆。

 もう後10年もすれば本当に上野さんは日本どころか、世界的な名女優の仲間入りも果たせるのでは。そんな期待をしております。

 医療ドラマでありながら、夏を感じる数々の演出も実に小気味いいドラマでした。主題歌もじわじわハートウォームで良かった。

 でも私の中でのこのドラマのテーマソングはZARDの隠れた名曲「hero」でございました。特に最後のギターソロの余韻がこのドラマのエンディングにいつもピッタリハマってて。このドラマの感想を書く時にはよく聴いておりました(笑)。

 では今夜はこの辺で。明日の夜から旅行に出るため「この世界の片隅に」と「dele」の最終回感想アップは少し遅れますのでよろしくです('◇')ゞ。

f:id:TOSHIXXX:20180913235223j:plain