「家政婦のミタゾノ」第4話を観て

 皆様、おはようございます!TOSHIXXXです。

 昨日は近隣の部署の方がウチの部署を訪問し、夜は上司も交えて飲んでおりました(*^^*)。

 私は相変わらずアルコールがダメな状態が続いているんですが、不思議ですね。ノンアルでも酒の席にいれば、それなりにほろ酔い気分になれるという(笑)。

 まあそんなこんなで体調もだいぶ良くなり、初夏の風が心地よい金曜の夜でございました。

 では先程録画で観た「家政婦のミタゾノ」第4話の感想をアップしたいと思います!!

 全体に漂うB級感。いかにも金曜ナイトドラマらしい雰囲気がプンプンした第4話でございました(*^^*)。もう見飽きた感満載の展開でしたが、やっぱり安心して観ていられますよね。

 カリスマ美容家の黒田福美さん(黒田さんは金曜ナイトドラマ鉄板のゲストですよね~)。彼女の後継者を誰にするか!!ということで始まったドッキリ家族葬

 長女はツバメ君に貢ぎ、長男は遺産を当てにして借金3000万をしていて、孫娘もまだ高校生なのに夜のバイト(最近添い寝クラブとか、色々問題にはなっておりますが・・・)。

 誰一人相応しい人間がいないという展開でしたが、結局黒田さんの会社も粉飾決算で最後は東京地検に踏み込まれて倒産してしまうという・・・。全てがそれこそ石鹸の泡のように消えてなくなってしまいました。

 ただ元々の石鹸(食べられる石鹸というのが斬新でしたね!!)は肌の弱い子供達のために黒田さんが作ったもので、最後はもう一度家族の絆に気付いた一同が涙して大円団。いつものミタゾノらしいエンディングでしたね(*^^*)。

 幽霊が怖いミタゾノさん。これはシーズン1からの設定でしたが、今回は久々にその恐怖症が前面に出ていて実にチャーミングでしたね。完全無欠のミタゾノさんにも怖いものがあると(笑)。

 しかし最初の秘書が死んだ次女ではないかということは、皆様もきっと早い段階で気付いていましたよね( ゚Д゚)。

 他の兄弟に良く思われていないと語っていたのは、(自分が母親の事業を手伝っていてひいきされているという目で見られていたであろうことから)偽らざる心情では無かったのかと思います。そして最後そのことに気付いたミタゾノさんはお約束の気絶状態になりましたよね(笑)。

 今作も(恐らく全8回でしょうから)今回で前半戦が終了いたしました。個人的には清水富美加さんからバトンタッチされた剛力さんが、いい感じでシーズン2に馴染んでますよね(*^^*)。

 初回はさすがに違和感がありましたが、元々剛力さんは金曜ナイトドラマには多数出演されているのでね。後半戦も楽しみです!!今度木綿豆腐を凍らせてステーキを作ってみます(笑)。

 では明日は天気が崩れるようですので、今日で皆様行楽を。素敵な土曜日をお過ごしくださいね☀

f:id:TOSHIXXX:20180512095055j:plain