「過保護のカホコ」第3話を観て

 皆様おはようございます!TOSHIXXXです。

 サイレントサイリン名義でレシピを公開しているマイページなんですが、アクセスが30万件を突破したのに続き、レシピを印刷していただいた方も1000件を昨日超えました。誠にありがとうございます( ^)o(^ )

 とこれはいい話だったんですが先日からお伝えしていたTOEIC試験、前回より大幅ダウンの520点でした( ゚Д゚)。自分としては今度こそ悲願の600点越えを果たせるかと思ったので、物凄くショックを受けてしまいました。そのため久々に21時第に寝てしまいました(苦笑)。

 では朝方録画を観た「過保護のカホコ」第3話の感想をアップしたいと思います!!

 このままどんどん私の予想を外れて行っております。とうとう竹内さんへの恋バナにいくのかと(笑)。このドラマ、観る度に風呂敷だけが広がっているという印象です。面白くないことはないんですが、テーマが毎回一貫していませんよね。微妙な動物シーンだけが嫌というほど続いております(笑)。

 しかし竹内さんの好みの女性のタイプがツボでした。基本的に理想が高い男が描く典型的な女性のタイプですよね(笑)。でもそれがITOちゃんになるとは・・・たしかに歳の差はあるけれどいいかもしれません( ^)o(^ )。

 カホコちゃんの告白の練習のシーン、中々大胆でした。「私と付き合っちゃおうよ♡」なんて中々言えるものじゃありませんよ(''Д'')

 今回面白かったのは時任さんの妹の濱田マリさんが突然パソコン教室を始めた下りでした。借金をして見通しの立たないパソコン教室を始めようとしてる妹に説教する兄。親のすねかじりをしながらそんなことをしてという時任さんの言葉に「お兄ちゃんだってカホコを甘やかしてるんじゃない」のキツいカウンターパンチ。確かに今子供を甘やかすことは子供が中年になった時に大きく響く。子供が自立することを手助けするのは親の責務なんだなと感じました。

 後は黒木さんがようやく毒親らしくなってきて面白くなってきました( ^)o(^ )。過干渉で結局は自己中心。カホコにふさわしい男のタイプって自分に都合のいい義理の息子ってことですよね( ゚Д゚)。

 最後に竹内さんのことをディすりまくった黒木さんに、とうとうカホコちゃんが爆発しましたね。これでいい!!と多くの視聴者がいいね!を心の中でつけたことでしょう。一方の黒木さんのショックは私のTOEICどころの騒ぎではないでしょうね(笑)。

 しかしカホコちゃん、このまま竹内さんに告ってしまうとは・・・次回以降どうなるんでしょうね( ゚Д゚)個人的にはかなり迷走している気もしますが、視聴率2桁を死守しているのはさすが水10ドラマです!!では、今日も一日頑張りましょう☀

f:id:TOSHIXXX:20170727072510j:plain