読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「CRISIS」第5話を観て

 皆様こんばんは、TOSHIXXXです。 

 いや~GWは晴天続きでしたが、今日はずっと雨でしたね( ;∀;)明日も午前中は雨のようで、折角最近は夜明けも早くなり、早朝ランニングも気持ちよくできていたのに急ブレーキです。しかしこんな時こそドラマ鑑賞!ということで今日も1時間遅れで観た「CRISIS」第5話の感想をアップしたいと思います(*^^)v

 遂に神回来た~!!って感じの第5話でした♪今夜は滅茶苦茶面白かったです。昨日の「貴族探偵」の半分位しか時間が無かったのかと思うほど(笑)あっと言う間の1時間でしたね(*^^)v

 まず今回は今作初の潜入捜査でしたが、描写が本当にリアルでした。そして杉本哲太さんが人情もある任侠を絶妙に演じていたと思います。冒頭の拘置所のシーンで哲太さんが寝ていた時点で今回は神回だ!と思ってしまいました(笑)。

 私が最初の方で指摘した軌道修正が上手くできている気がします。やっぱり初回のような何の罪もない女性達が乱暴されて権力者の息子だから無罪放免というのはさすがにこの日本ではあまりに荒唐無稽だし、見ている方も気分が悪いですよね。今回も最後に石黒さんが長塚さんに弱い者が調子に乗ると、権力者としては潰すしかないと言ってましたが、まあ麻薬の密売を代行してる時点でどっちもどっちですからね( ゚Д゚)視聴者的には殺されても仕方ないなという程度のワルというのが効いてました。そのうえで潜入していた小栗旬に基本優しかった哲太さん以下の暴力団員が皆殺しにされるというのは、丁度いい塩梅の憤りを視聴者に与えられたと思います。今回は金城さんやるな~という感じでしたね♪

 このドラマはやはり小栗旬がメインで、彼を西島さんが支える構図になってますね。小栗旬主演のドラマは今まで何作も見てますが、今回が一番のはまり役のような気がします(^^♪特に今回はアクションだけでなく、暴力団での採用面接シーンや哲太さんと中華料理を食べてるシーンは本当に感情がこもっていて、今まで以上の演技力を感じました。勿論西島さんの渋い演技も随所で光ってますが、今作はこのまま小栗旬メインでいくのが正解な気がしますね。

 後は特に述べておきたいのが、班長こと田中哲司さんの演技です。今回はタクシーの運転手に始まり、さりげなく小栗旬と接触するシーンがことごとくリアルでした。田中さんのおかげで、本当に潜入捜査を観ている気分になれました(*^^)v

 そして石黒さんが児童買春のことを長塚さんにタレこまれて、あっけなく失脚したラストに驚き&スカッとした方も多いのではないでしょうか。いよいよ次回から特捜班が日本を牛耳る権力者達に鉄槌を下していくのでしょうか?それともここのところ出番がない平成維新軍がまた暴れだすのか?

 いずれにせよ、もう変に作り込んだストーリはなしで、映画張りの派手なアクションメインで後半は進んでいくと見て間違いなさそうです。来週も視聴率&クオリティが壊滅状態のフジテレビドラマ(本当は系列の関テレドラマですが)内で孤軍奮闘する最後の砦、「CRISIS」から目が離せません!!では皆様、今夜も良い夢を☆彡

f:id:TOSHIXXX:20170509233918j:plain